One人事

フォロワーシップとは? 重要性と実践方法|組織の成功を引き出すスキルを身につけるには?

フォロワーシップとは、異なる意見を持った際にそれを正確に伝えて議論を促す、仕事を積極的に引き受けるなど、自身のポジションでできる積極的な行動が求められます。

フォロワーシップを発揮することで、上司と部下との信頼関係が構築され、組織の柔軟性が高まり、組織やチームの活性化が促されます。フォロワーシップは組織の成功に不可欠な要素であり、その重要性は今後も増していきます。リーダーシップだけでなく、フォロワーシップにも目を向け、組織全体のパフォーマンス向上を目指すことが求められています。

フォロワーシップとは? 重要性と実践方法|組織の成功を引き出すスキルを身につけるには?
目次アイコン 目次

    フォロワーシップとは何か

    フォロワーシップという概念は、近年のビジネス界で注目を集めています。その定義や起源、その重要性を解説します。

    フォロワーシップの定義

    フォロワーシップとは、組織やチームの成果を最大化させるために、自律的かつ主体的にリーダーや他メンバーに働きかけ支援することを指します。単にリーダーの指示に従うだけではなく、自分自身が積極的に行動を起こし、組織の目標達成に貢献することを意味します。

    具体的には、異なる意見を持った際にそれを正確に伝えて議論を促す、仕事を積極的に引き受けるなど、自身のポジションでできる積極的な行動が求められます。これにより、組織全体のパフォーマンスを向上させることが可能です。

    フォロワーシップは、リーダーシップとは異なる視点から組織の成功を考える新たな視点を提供します。リーダーシップがトップダウンのアプローチを重視するのに対し、フォロワーシップはボトムアップのアプローチを重視します。つまり、組織の一員一人ひとりが自己主導で行動し、組織の成功に貢献することです。

    フォロワーシップの起源と発展

    フォロワーシップの概念は、1992年にアメリカのカーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授によって提唱されました。彼は、組織の成功はリーダーだけでなく、その他のメンバーの行動にも大きく依存するという考え方を提唱しました。

    その後、ビジネス環境が急速に変化し、組織の柔軟性と迅速な対応が求められるようになると、フォロワーシップの重要性が再認識されるようになりました。特に、情報技術の発展により、組織内の情報共有が容易になったことで、個々のメンバーが自己主導で行動することが可能となり、フォロワーシップの重要性が増しています。

    現在では、フォロワーシップはリーダーシップと並ぶ重要な組織行動の一つと認識されています。リーダーだけでなく、フォロワーもまた組織の成功に大きく寄与するという考え方が広く受け入れられています。

    フォロワーシップは組織の成功に不可欠な要素であり、その重要性は今後も増していくことでしょう。リーダーシップだけでなく、フォロワーシップにも目を向け、組織全体のパフォーマンス向上を目指すことが求められています。

    フォロワーシップの重要性

    リーダーシップだけでなく、フォロワーシップもまた組織の成功には欠かせない要素であり、その重要性が近年注目されています。

    フォロワーシップが組織に与える影響

    フォロワーシップを発揮することで、組織にはさまざまなポジティブな影響がもたらされます。まず、上司と部下との信頼関係の構築に寄与します。フォロワーがリーダーの意思を理解し、その方向に従って行動することで、リーダーは部下を信頼できます。また、部下も自分の行動が認められ、信頼されていると感じることで、より一層の努力を惜しまなくなります。

    次に、フォロワーシップは組織の柔軟性を高めます。フォロワーがリーダーの意向を理解し、それに応じて自分の行動を調整することで、組織全体として迅速かつ柔軟に対応することが可能です。変化の激しい現代社会においては特に重要な要素と言えるでしょう。

    さらに、フォロワーシップは組織やチームの活性化につながります。フォロワーが積極的に行動し、リーダーを支えることで、組織全体のエネルギーが高まり、活気が生まれ、組織の生産性向上にも寄与します。

    フォロワーシップとリーダーシップの関係性

    フォロワーシップとリーダーシップは相互に関連しており、組織やグループの成功には両方が必要です。リーダーシップは組織を引っ張り、方向性を示す役割を果たします。一方、フォロワーシップはリーダーの意向を理解し、それに従って行動することで、リーダーの意志を具現化し、組織の目標達成に寄与します。

    リーダーシップとフォロワーシップは不可分の存在であり、組織を引っ張るリーダーシップと支えるフォロワーシップが共存することが重要です。リーダーだけが前を向いて進んでも、フォロワーがついてこなければ組織としての力は発揮できません。逆に、フォロワーだけが活発であっても、リーダーが方向性を示さなければ、そのエネルギーは無駄に散逸してしまいます。

    したがって、リーダーシップとフォロワーシップは、組織の成功を実現するためにはともに必要な要素であり、そのバランスが重要です。

    フォロワーシップの具体的な行動例

    フォロワーシップは、リーダーが方向性を示し、ビジョンを描く一方で、フォロワーシップはそのビジョンを具現化し、目標達成に向けて行動する力を持っています。

    フォロワーシップを発揮するための行動

    フォロワーシップを発揮するためには、まず自分にできる仕事を積極的に引き受けることが重要です。自分の役割と責任を理解し、それを全うすることで、リーダーの負担を軽減し、組織全体の効率を高めることにつながります。

    また、リーダーに対して積極的に意見を伝えることも大切です。自分の視点や考えを共有することで、リーダーがより良い決定を下すための情報を提供するという役割を果たします。ただし、意見を伝える際には、リーダーの立場や視点を理解し、適切なタイミングと方法で伝えることが求められます。

    さらに、決定権者を考えて行動することや、自分のアイデアを積極的に提案することも重要です。自分の行動や提案が組織全体の利益にどのように寄与するかを考え、それを具現化することで、組織の目標達成に貢献することを意味します。

    フォロワーシップのタイプとその特徴

    フォロワーシップには、批判的思考と積極的関与という2つの軸があり、それぞれの軸に応じて5つのフォロワーに分類できます。

    模範的なフォロワーは、批判的思考と積極的関与の両方を高く持つタイプで、リーダーの意思決定をサポートし、自己主導で行動します。

    孤立型のフォロワーは、批判的思考は高いものの、積極的関与が低いタイプで、リーダーの意思決定に対しては批判的ですが、自己主導で行動することは少ないです。

    順応型のフォロワーは、批判的思考が低く、積極的関与が高いタイプで、リーダーの指示に従うことを優先します。

    消極的なフォロワーは、批判的思考と積極的関与の両方が低いタイプで、リーダーの指示に従うことも、自己主導で行動することも少ないです。

    実務型のフォロワーは、批判的思考と積極的関与のバランスが取れたタイプで、リーダーの指示に従いつつも、自分の仕事に対しては自己主導で行動します。

    これらのタイプは、一人のフォロワーが一つのタイプに固定されるわけではなく、状況やリーダーのスタイルによって変化することがあります。そのため、自分自身のフォロワーシップのスタイルを理解し、適切な行動をとることが求められます。

    フォロワーシップの育成方法

    フォロワーシップを持つ人々は、リーダーの指示に従うだけでなく、自分の意見を持ち、積極的にコミュニケーションを取り、他者をサポートする能力を持っています。

    フォロワーシップを育成するためのポイント

    フォロワーシップを育成するためには、以下の4つのポイントが重要です。

    フォロワーには自分なりの意見を持ってもらうことが重要です。単にリーダーの指示に従うだけでなく、自分の視点から物事を考え、自分の意見を持つことで、より良い結果を生み出せます。また、自分の意見を持つことで、自己肯定感が高まり、自信を持って行動できます。

    積極的にコミュニケーションをとることが重要です。リーダーとフォロワー間の信頼関係を築くために必要な要素であり、お互いの意見を共有し、理解し合うことで、よりよい結果を生み出せます。

    また、他者への積極的なフォローを意識することも重要です。他者をサポートし、協力することで、チーム全体のパフォーマンスを向上できます。また、他者をフォローすることで、自分自身も成長できるでしょう。

    最後に、研修の実施も重要なポイントです。研修を通じて、フォロワーシップに必要なスキルや知識を身につけられます。

    フォロワーシップ育成のための研修とその効果

    フォロワーシップを育成するためには、リーダーの仕事をシミュレーションできる研修を実施することが有効です。このような研修を通じて、フォロワーはリーダーの視点を理解し、リーダーが直面する課題や困難を体験できます。これにより、フォロワーが行うべき行動や、リーダーへのサポートの方法が見えてきます。

    また、このような研修は、フォロワーの自己認識を深める効果もあります。自分がリーダーの立場になったとき、どのように行動するのか、どのように他者とコミュニケーションを取るのか、自分自身の行動や思考を見つめ直す機会です。

    さらに、研修を通じて、フォロワーは他者と協力することの重要性を実感できます。リーダーの立場になったとき、他者のサポートがどれほど重要であるかを理解し、他者への積極的なフォローの意識が高まります。

    フォロワーシップを育成するためには、自分なりの意見を持つこと、積極的にコミュニケーションをとること、他者への積極的なフォローを意識すること、そして研修の実施が重要です。これらを意識し、実践することで、フォロワーシップを持つ人材を育成できます。

    フォロワーシップの活用

    フォロワーシップは、リーダーシップの裏側に存在する、組織の運営において重要な役割を果たす概念です。リーダーが組織の方向性を示し、ビジョンを描く一方で、フォロワーシップはそのビジョンを具現化し、組織を動かす力となります。この章では、フォロワーシップの活用方法とその具体的な事例について詳しく解説します。

    フォロワーシップを活用した組織運営

    フォロワーシップを活用することで、組織の活性化や生産性の向上に貢献ができます。フォロワーシップは、リーダーの指示に従うだけでなく、自発的に行動し、リーダーをサポートする能力を指します。これにより、組織全体のパフォーマンスが向上し、組織の目標達成に対する貢献度が高まります。

    また、フォロワーシップを意識することで円滑なコミュニケーション能力も養えます。フォロワーシップを持つ人は、リーダーの意図を理解し、それを具体的な行動に移す能力があります。これには、リーダーとの良好なコミュニケーションが必要です。そのため、フォロワーシップを持つことは、コミュニケーション能力を高めることにもつながります。

    フォロワーシップの活用事例

    フォロワーシップの具体的な能力や要素を理解するためには、以下のような行動が役立ちます。

    1. 自分以外の仕事も積極的に引き受ける: フォロワーシップを持つ人は、自分の仕事だけでなく、他の人の仕事も積極的に引き受けます。これにより、組織全体の業務を理解し、より広い視野を持てます。

    2. リーダーへの提言を日常的に行う: フォロワーシップを持つ人は、リーダーに対して積極的に意見を提案します。これにより、リーダーの視点を補完し、組織の方向性を共有できます。

    3. リーダーによる指示の背景を全体に伝える: フォロワーシップを持つ人は、リーダーの意図を理解し、それを組織全体に伝える役割を果たします。これにより、組織全体の一体感を高められます。

    4. 報連相を着実に行う: フォロワーシップを持つ人は、リーダーとのコミュニケーションを大切にします。報告、連絡、相談を適切に行うことで、リーダーとの信頼関係を築きます。

    5. 最初から完璧なものを求めない: フォロワーシップを持つ人は、完璧を求めるのではなく、改善の余地を見つけ、それを改善することに注力します。これにより、組織全体の成長を促進します。

    フォロワーシップを活用することで、組織の活性化や生産性の向上、円滑なコミュニケーションの実現など、組織運営における多くの利点を享受できます。

    まとめ

    フォロワーシップとは、組織やチームの成果を最大化させるために、自律的かつ主体的にリーダーや他メンバーに働きかけ支援することを指す概念です。異なる意見を持った際にそれを正確に伝えて議論を促す、仕事を積極的に引き受けるなど、自身のポジションでできる積極的な行動が求められます。フォロワーシップは、リーダーシップとは異なる視点から組織の成功を考える新たな視点を提供します。1992年にアメリカのカーネギーメロン大学のロバート・ケリー教授によって提唱されました。フォロワーシップは、組織の成功に不可欠な要素であり、その重要性は今後も増していくことでしょう。リーダーシップだけでなく、フォロワーシップにも目を向け、組織全体のパフォーマンス向上を目指すことが求められています。