One人事
最終更新日:

ストレス耐性が低い人の特徴と対策|仕事選びから自己改善まで

ストレス耐性とは、個人が持つストレスに対抗する力です。ストレス耐性が高いと、ストレスフルな環境でも高いパフォーマンスを発揮でき、仕事の質を維持できます。一方で、ストレスに弱くストレス耐性が低いと、心身の不調を引き起こしやすくなり、仕事の質が低下する可能性も否定できません。

昨今は従業員のストレス対策に取り組むことが求められており、ストレスチェックの実施やストレス耐性向上のための研修、ワークライフバランスの推進を行う企業も多いでしょう。ストレス耐性が低い人であっても自己理解を深め、適切な対処法を見つけることで、ストレスを軽減し、健康的な生活を送ることができます。

本記事では、ストレス耐性が低い自覚がある人や従業員のストレス対策を実施したい企業の担当者に向けて、ストレス耐性について解説します。ストレス耐性が低い人・高い人の特徴や、原因も紹介するので参考にしてください。

ストレス耐性が低い人の特徴と対策|仕事選びから自己改善まで
目次アイコン 目次

    ストレス耐性とは?

    ストレス耐性とは、ストレスに対抗する力、つまり個々のストレスに耐える能力です。

    私たちが日々の生活や仕事を行う中で、さまざまな場所や形でストレスが降りかかってきます。人間関係の摩擦であったり、仕事の過負荷であったり、または予期せぬ出来事によるものであったり原因は多岐にわたるでしょう。

    ストレス耐性が高いと、ストレスフルな環境でも高いパフォーマンスを発揮できます。ストレッサー(ストレスの原因となる要素)を回避したり、感知したり、処理したり、転換したりする能力があるため、ストレスフルな状況にも対応し、影響を最小限に抑えられるのです。

    一方で、ストレスに弱くストレス耐性が低いと、心身の不調を引き起こしやすくなります。ストレス耐性が低い人は、ストレッサーに対して敏感で、ストレス反応が出やすい傾向があります。ストレッサーに対する対処能力も低いため、ストレスが蓄積しやすくなるのです。

    ストレス耐性を決める要素

    ストレス耐性を決める要素は6つあります。6つの要素が組み合わさることで、個人のストレス耐性が形成されます。要素を理解し、自分自身のストレス耐性を高めるためのスキルを身につけることが、ストレスフルな状況に対処するうえで重要です。

    • 容量
    • 処理
    • 感知
    • 経験
    • 回避
    • 転換

    容量

    容量はストレスを受け止める能力です。ストレス容量の大きい人は、ストレスを受け入れ、適切に処理する能力があるため、ストレス反応が出にい傾向にあります。

    処理

    処理はストレスを処理する能力です。問題解決のスキルや時間管理の能力が高く、ストレスを効率よく処理できます。

    感知

    感知はストレスを感じ取る能力です。ストレスの原因(ストレッサー)に気づかないと、無意識のうちに体や心には影響が及んでいるかもしれません。したがって、自分がストレスを感じていることに気づくことが重要です。

    経験

    経験はストレスを受けた際の対応の経験値です。何度も同じストレスに直面すると徐々に慣れてストレスを感じにくくなります。過去の経験から学んだ対処法を用いることで、ストレスを効果的に管理するできるためです。

    回避

    回避はストレスを回避する能力です。自己管理スキルや健康を維持するライフスタイルによって、もともとの心身が健康で安定しているとストレスを回避しやすくなります。

    転換

    転換はストレスをよい方向に捉え直し、前向きな解釈に置き換える能力です。ポジティブ思考や感謝の心を持つことで、ストレスをエネルギーに変えられます。

    ストレス耐性が低い人の特徴

    ストレス耐性が低い人の特徴は以下の通りです。

    • 他人に合わせられる(協調性がある)
    • 几帳面で責任感が強い(真面目)
    • 悩みを引きずる
    • 自分に厳しい
    • 逃げ癖がある
    • 怒られるのを避ける
    • マルチタスクが苦手

    傾向

    ストレス耐性が低い人は、真面目で他人との調和を重視しするがために、自己主張を控えて問題や悩みを深く考え込んでしまう人が多いです。ささいなことでも心に深く影響を受け、結果として落ち込んでしまう傾向があります。

    この特性は、他人から見れば非常に信頼性が高く、責任感が強いと評価される一方で、自身のストレスを増幅させる要因となります。

    また、怒られるのを避けるといった傾向は、自己保身のための行動であり、ストレスを避ける防衛反応ともいえます。しかし、その行動が逆にストレスを増幅させ、自己評価を下げる結果を招くこともあります。

    ストレス耐性が低い人を活躍させる方法

    ストレス耐性が低い人の特徴は、自己評価が低く、自己効力感が低いことが背景にあると考えられます。一見するとネガティブに思えるかもしれませんが、適切に対応することで、ストレス耐性が低い人でも十分に活躍できる場をつくれます。

    業務や配属先を考慮するうえでのポイントとして、

    • ノルマが過度に厳しくない
    • 深く考え込むような作業を避ける
    • 自分のペースで働ける
    • 自分主体で仕事ができる
    • 人とのかかわりをケースバイケースで調整できる

    以上のような配慮により、ストレス耐性が低い人でも自己評価を上げ、自己効力感を高められるでしょう。結果として業績向上も期待できるでしょう。

    ストレス耐性が低い人に向いている仕事

    ストレス耐性が低い人は、どのような仕事が向いているのでしょうか。

    仕事選びのポイント

    ストレス耐性が低い人は、自分に合った仕事を選ぶことが重要です。また、自分の身体を大切にし、日々の生活に感謝の気持ちを持つことで、ストレスを軽減し、心地よい生活を送れます。

    仕事選びの際には、自分の興味やスキル、価値観を考慮します。自分に合わない仕事を続けることは、ストレスを増加させ、パフォーマンスを低下させる可能性があります。そのため、自分の能力や興味に合った仕事を選ぶことが、ストレス耐性を高める一つの方法といえます。

    また、自尊心を感じることができる仕事を選ぶことも重要です。自尊心は、自分自身を尊重し、自分の価値を認識することで得られます。自尊心を感じることができる仕事を選ぶことで、自己肯定感を高め、ストレス耐性の向上が期待できます。

     推奨される職種

    ストレス耐性が低い人向けの仕事として、以下のような職種が挙げられます。

    • 事務職
    • 工場勤務
    • 新聞配達
    • ゲームテスター
    • ネット副業

    職場環境によりますが、以上の仕事は、比較的変化が少なく自分のペースで進められる点で、ストレス耐性が低い人でも比較的取り組みやすいとされています。

    事務職は、一定のルーチンワークが多く、予測可能な環境で働けます。工場勤務も同様に、一定の作業を繰り返すことが多く、マルチタスクによる負荷なども回避できるでしょう。

    新聞配達やゲームテスターは、自分のペースで働けるため、ストレスを感じにくい職種とされています。特にゲームテスターは、ゲームが好きな人にとっては、楽しみながら働けます。

    ネット副業も、自宅で自分のペースで働けるため、ストレスを感じにくい職種とされています。また、自分の興味やスキルに合わせて仕事を選べます。

    もっとも大切なポイントは、自分自身が何を楽しむか、何に興味があるかを考慮して、自分に合った仕事を選ぶことです。

    ストレス耐性を高める方法

    ストレス耐性を高めるためには、さまざまなアプローチが存在します。また総じて、誰かの役に立つ意識を持ち、自己効力感を持つことが大切です。

    • ABC理論
    • ストレッサーの確認
    • SOC(首尾一貫感覚)の向上

    ABC理論

    ABC理論とは、心理学者アルバート・エリスが提唱した理論で、人間の感情や行動は外部環境ではなく、その環境をどのように解釈するかによって決まるという考え方です。つまり、ストレスを感じるかどうかは、そのストレスをどのように捉えるかによって変わるということです。

    ストレッサーの確認

    ストレッサーの確認とは、ストレスの原因となる要素を明確にすることです。ストレッサーを特定することで、それに対する対策を立てることが可能です。また、ストレスを認知したら行動するというのは、ストレスを感じたらその場で何か行動を起こすことです。これにより、ストレスがたまるのを防ぐことができます。

    SOC(首尾一貫感覚)

    SOC(首尾一貫感覚)の向上とは、自分の生活が一貫性を持っていると感じることです。SOCが高まるとストレス耐性も高まるとされています。

    以上のようなアプローチと同時に、誰かの役に立つ意識を持ち、自己効力感を持つことがポイントです。他人のために何かをするという行動や、自分の人生をコントロールできるという信念は、ストレス耐性を高めると考えられています。

    ストレス耐性を高める意識づけ

    ストレス耐性を高めるためには、自分の行動や思考のパターンを理解し、改善するための意識づけが求められます。

    • 自分自身を客観的に見る
    • 完ぺきを目指さない
    • 自分の行動や思考を第三者の視点から見る
    • 失敗から学ぶ
    • 自己分析をする
    • 他者の協力を得る
    • 気分転換の方法をもつ

    すべてを完ぺきにこなそうとするとストレスが溜まるため、完ぺきを目指さず、適度に手を抜く姿勢です。また失敗を恐れず、むしろ失敗から学ぶことで成長するという姿勢がよいでしょう。

    自己分析によって、自分自身の強みや弱みを理解することで、自己理解が深まり、ストレス耐性を高めることが可能です。

    さらに他人の意見や助けを求めたり、ストレスを感じたときにリフレッシュするための方法を持ったりすることで、ストレスを軽減できます。

     ストレス耐性を確認する研修やテスト

    自身のストレス耐性を見極めるためには、面接や勤務状況の確認、研修やテストなどが有用です。これにより従業員のストレス耐性を把握し、適切なフォローや育成がしやすくなるでしょう。

    研修やテストの種類には、DISTやWeb-DISTなどがあります。テストによって、ストレス耐性を数値化できるため、結果に基づいて適切な対策を立てられます。

    企業側が取り組みたいストレス対策

    現代社会において、企業の成長と従業員の健康を両立させるためには、企業側が積極的に従業員ストレス対策に取り組むことが求められています。

    • ストレスチェックの実施
    • ストレス耐性向上のための研修
    • ワークライフバランスの推進
    • 職場の心理的安全性の担保

    以上のようなストレス対策を取ることで、従業員のストレス耐性を高め、生産性を向上させるられると考えられています。

    ストレスチェック

    企業側が取り組むべきストレス対策の一つとして、ストレスチェックの実施があります。従業員一人ひとりのストレスレベルを把握し、早期に対策を講じるための重要な手段です。

    研修

    ストレス耐性向上のための研修を定期的に行うことで、従業員自身がストレスと上手に向き合えるようになり、コントロールする力を身につけられるでしょう。

    ワークライフバランスの推進

    ワークライフバランスの推進も重要なストレス対策です。仕事とプライベートのバランスを保ち、従業員満足度やモチベーションを高めることが、結果的に生産性の向上につながります。フレックスタイム制度の導入や、リモートワークの推進などの制度を整えることも一案です。

    心理的安全性の担保

    職場の心理的安全性の担保も重要です。従業員が自由に意見を言い、失敗を恐れずに新しいことに挑戦できる環境をつくることで、創造性や生産性を高められます。

     ビジネスチャットの活用

    ビジネスチャットの活用も、企業側が取り組むべきストレス対策の一つです。

    リモートワークにおけるコミュニケーション促進方法として、ビジネスチャットを活用している企業も多いでしょう。メールに比べて気軽にやりとりができるとともに、タスク管理機能やグループチャット機能もあるため、情報共有やコミュニケーションの円滑化に役立ちます。

    ビジネスチャットを活用することで、従業員間のコミュニケーションが円滑になり、職場の雰囲気を良好に保てるでしょう。ストレスの軽減にもつながります。

    ストレス耐性が低い人の自己理解と対処法

    ストレスは現代社会に生きる私たちの生活に深く根ざしています。仕事、人間関係、健康問題など、さまざまな要素がストレスを引き起こします。

    ストレス耐性が低い人は、ストレスに対処する方法を見つけることが重要です。ストレスを感じる度合いは人によって異なりますが、自己の価値観や解釈のクセへの理解を深め、ストレスに対処する方法を検討しましょう。

    自己理解の重要性

    自己理解とは、自分自身の特性や感情を理解し、それに基づいて行動することを指します。自分の特性を理解し、ストレスに対処する方法を見つけることが重要です。

    まずは自分の感情や反応を理解することから始めましょう。自分が何に対してストレスを感じ、どのように自分の行動や感情に影響を与えるかを理解することで、ストレス源を特定し、対処する方法を見つけられます。

    また、自己理解を深めることで、自分自身の価値観や信念を見つめ直すことができます。自分の価値観や信念がストレスを引き起こす原因である場合もあります。自己理解を深めることで、自分自身の価値観や信念を再評価し、ストレス軽減につなげましょう。

    対処法と心掛けるべきこと

    ストレス耐性が低い人は、自分の興味や好きなことに時間を費やし、ストレスを忘れる時間をつくりましょう。そのためにも、自分の能力や才能を活かせる仕事を見つけることも、有用な方法です。

    また、身体のケアもストレス対策には欠かせません。適度な運動やバランスのよい食事、十分な睡眠は、ストレスを軽減し、ストレス耐性を高める助けとなります。

    そして感謝の気持ちを持つことも大切です。日々の生活の中で感謝できることを見つけ、それに対して感謝の気持ちを持つことで、前向きな気持ちを持てるようになります。

    ストレス耐性が低い自覚がなくても心の病気や身体の病気になることがあるため、ストレスに対処する心掛けが大切です。自分自身の感情や反応を理解し、自分に合ったストレス対策を見つけることで、ストレス耐性を高め、健康的な生活を送れるでしょう。

    まとめ

    ストレス耐性とは、ストレスに対抗し耐える能力であり、6つの要素で構成されています。ストレス耐性が高い人はストレスフルな状況下でも良好なパフォーマンスを維持でき、心身の健康を保つてます。一方、ストレス耐性が低い人は、ストレッサーに敏感であり、心身の不調を引き起こしやすいです。

    ストレス耐性が低い人は、几帳面で責任感が強いなどの特徴があり、企業側が配慮することで活躍の可能性があります。

    ストレス耐性を高めるには、ABC理論の理解やストレッサーの確認などのアプローチ法があります。企業はストレスチェックの実施や研修を通じて従業員のストレス耐性の向上を支援してましょう。また、ストレス耐性が低い人は自己理解を深め、適切なストレス対処法を見つけることが重要です。