One人事

アジリティを向上させる方法|ビジネスにおける意味や企業の取り組みを紹介

アジリティとは、日本語で「機敏性」を意味し、目まぐるしい環境変化に対応する能力を指します。組織の生存と成長を支え、競争力を左右する重要な要素です。

本記事では、アジリティの意味と高めるための方法、役立つツールや取り組みをご紹介します。企業や従業員の社会環境への対応力を高めたいと考えている企業は参考にしてください。

アジリティを向上させる方法|ビジネスにおける意味や企業の取り組みを紹介
目次アイコン 目次

    アジリティの意味

    アジリティ(agility)とは、日本語で「機敏性」を意味します。アジリティは、もともとスポーツ分野でよく聞く言葉ですが、ビジネス用語としても用いられるようになりました。

    ビジネスにおいては、変化にすばやく対応できると、アジリティが高いといわれます。たとえば「意思決定の速さ」や「状況に応じた役割分担」などが挙げられるでしょう。

    アジリティを向上する方法

    アジリティを高めるためには何が必要なのでしょうか。企業としてできることを3つご紹介します。

    ビジョンとミッションを設定する

    アジリティを高めるためには、まず組織のビジョンとミッションが明確であることが求められます。ビジョンとは、組織が目指す未来の姿を示すもので、ミッションは組織の存在意義や役割を示します。

    ビジョンとミッションが明確になれば、組織全体が一体となり、目標に向かって判断や行動をしやすくなるでしょう。ビジョンとミッションは、組織の方向性を示す羅針盤ともいえるため、ブレてしまうと組織全体のアジリティが低下してしまいます。

    コミュニケーションを活性化する

    すばやい判断には、組織内の情報共有とコミュニケーションの強化が必要です。情報共有のためのツールの導入や定期的なミーティングの開催などによって、コミュニケーションの活性化を促すとよいでしょう。これにより、迅速な問題解決や経営理念の共有、情報収集が活発化します。

    また、組織内のコミュニケーションが活発になることで、新たなアイデアや提案が生まれやすくなり、企業の生産性向上や競合企業との差別化にもつながるでしょう。

    ITツールを活用する

    現代のビジネス環境は、IT技術の進化により急速に変化しています。経営方針の変更や市場のニーズの変化にすばやく対応するため、企業にはDX化が求められています。

    DX化とは、ITを活用した業務改革を意味します。情報共有やコミュニケーションの活性化、タレントマネジメントの実践などを通じて、組織の生産性や情報の伝達速度を高められるでしょう。

    ITツールには、顧客管理システムや経営課題診断ツール、チャットツール、タレントマネジメントシステムなどが挙げられます。ITツールを活用することで、組織内の情報共有やコミュニケーションが円滑になり、結果的に組織全体のアジリティを高めることができます。

    人材育成に注力する

    アジリティを高めるには、従業員に共通意識を持たせるための人材育成が必要です。

    従業員の能力を見極め、組織に必要なスキルや能力を学ぶ機会を与えるなど、組織全体でサポートする体制を整えることがポイントです。具体的には、能力開発のための研修や教育、メンター制度、公平な人事評価の整備などが考えられます。

    また、1on1などで上司が部下へ、日頃の業務態度や評価内容に対してのフィードバックを定期的に行うことで、従業員の自己認識を高め、行動改善を促せるでしょう。

    アジリティ向上のためのツールとサービス

    アジリティを高めるためにツールやサービスを活用することで、どのようにアジリティを向上させられるのか考えてみましょう。

    エンゲージメント向上ツール

    アジリティ向上のためのツールとして注目したいのが、エンゲージメント向上ツールです。

    エンゲージメントとは、従業員が自分の仕事に対して積極的に取り組む姿勢や愛社精神を指します。エンゲージメントが高い組織では、従業員一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮しているという特徴があります。

    エンゲージメント向上ツールの機能には、サンクスカードや日報などで従業員同士のコミュニケーションを促進したり、表彰やエンゲージメント診断で従業員の成長を支援したりする機能があります。

    これらの機能を活用することで、従業員満足度を高め、積極的に仕事に取り組むことができる環境を作ることができます。コミュニケーションの活性化や従業員の主体性を高められるため、組織全体としてのアジリティも向上するでしょう。

    オンライン研修サービス

    アジリティ向上のためのサービスとして、オンライン研修サービスも効果的でしょう。

    アジリティを高めるための講座では、アジリティを高めるための手法を学べます。また、リーダーシップやチームビルディング、コミュニケーションスキルといった、アジリティを高めるために必要なスキルを学ぶこともできます。

    また、オンラインなので自宅や会社、通勤中など、場所を選ばずに受講できます。さらに、録画された講座をあとから視聴することもできるため、自分の都合に合わせて学べます。オンライン研修サービスをうまく活用することで、組織全体の学習意欲を高め、アジリティを向上させられるでしょう。

    アジリティ向上に効果的な企業の取り組み

    アジリティを向上させるために効果的な組織全体の取り組みについて解説します。

    企業のあり方と個人の意識改革

    アジリティの向上には、企業のあり方と個人の意識の改革が必要です。企業のあり方とは、その企業がどのように機能するべきかを指します。たとえば、組織の構造や役割分担、意思決定のプロセスなどが含まれます。

    企業のあり方を改革するためには、まず現状を把握することが重要です。自社の強みと弱みをもとに改善策を考えることが求められます。また、組織全体の理解と協力も必要です。そのため、組織全体でのコミュニケーションを活性化することが重要といえるでしょう。

    一方、個人の意識改革とは、従業員一人ひとりが働き方や考え方を見直すことです。たとえば、自己啓発やスキルアップなどが挙げられるでしょう。意識改革を進めるためには、企業が学びの機会を提供することや、自己成長を目指せる環境を整備することが求められます。

    学び続ける組織文化の醸成

    アジリティの高い組織をつくるためには、学び続ける文化を根付かせることが必要です。学び続ける組織文化とは、全従業員が新しい知識やスキルを活用して企業成長につなげる文化を指します。

    学び続ける組織文化を醸成するためには、まず組織全体で学びの重要性を認識しましょう。そのためには、上層部が学びの重要性や価値を示すことが求められます。また、研修やセミナー、情報共有の場などの学びの機会を提供することも有効でしょう。

    さらに、従業員が失敗を恐れずに挑戦する環境の整備も重要です。失敗を経験することで、新しい気づきを得られるため、チャレンジ精神を奨励するとよいでしょう。

    まとめ

    アジリティとは、日本語で「機敏性」を意味し、目まぐるしい環境変化に対応する能力を指します。アジリティの高い組織や人材は、状況に応じて適切な判断を下し、速やかに行動できます。

    アジリティを高めるためには、

    • ビジョンとミッションの設定
    • コミュニケーションの活性化
    • ITツールの活用
    • 人材育成

    が重要です。持続可能な組織の形成のためにもアジリティの高い企業を目指しましょう。