One人事

コンテクストとは? 意味やビジネスにおける重要性、具体的な使い方を解説

コンテクストとは、ある事象や情報が置かれている状況や背景を意味します。ビジネスにおいては使われる場面によって意味が異なり、コンテクストを無視することは、誤解や非効率を招く原因となるかもしれません。コンテクストを理解し、適切な市場分析や戦略立案を行うことで、より精度の高い意思決定につながるでしょう。

本記事では、コンテクストの意味とそのビジネスにおける重要性について掘り下げ、日々の業務における具体的な使い方を解説します。

コンテクストとは? 意味やビジネスにおける重要性、具体的な使い方を解説
目次アイコン 目次

    コンテクストとは?

    コンテクストとは、ある言葉や出来事が存在する環境や状況、それらが理解されるべき周囲の条件や事情を指します。

    コンテクストの基本的な意味

    コンテクストは、英語の「context」をカタカナで表記したもので、状況・背景という意味があります。現代のビジネスシーンにおいてコンテクストは「状況分析」「文脈」といった意味で使われています。

    ビジネスシーンでは、お客様の要望に合わせた対応が不可欠です。自分の仕事を利益につなげるには、第一に「お客様が何を求めているか」「何に困っているか」などのコンテクストを分析する必要があります。コンテクストを理解できることは、職種にかかわらず、ビジネスパーソンに求められる能力の一つです。

    コンテキストとの違い

    「コンテクスト」と「コンテキスト」は、どちらも英語の「context」に由来する日本語表記です。日本語としての使用においては、特に区別されることなく、どちらの表記も同じ概念を指す場合がほとんどです。

    ただし「context」をより英語らしく発音すると「コンテキスト」と聞こえ、IT分野では好まれる傾向にあります。また、公的な文書や学術的な文脈では「コンテクスト」という表記が使われることが多いようです。日常的には「コンテクスト」も「コンテキスト」も同じ意味ですので、どちらを使っても構いません。

    コンテクストの具体的な用例(使い方)

    コンテクストは活用シーンによって意味が変わります。以下の各領域での用例や使い方をご紹介します。

    人事領域でのコンテクスト

    人事の組織図の見直しや人員配置の策定において、コンテクストは「従業員のビジネススキル」や「思考」「人間関係」という意味です。

    仲のよい人だけで配置を固めるとコミュニケーションが取りやすくなると思われがちですが、会議の際、案が出なくなる可能性もあります。仲がよすぎるからこそ「その関係を崩したくない」と考え、メンバー同士で間違いを指摘しなくなるためです。

    利益を上げるには、メンバーの一人ひとりが「最善の策」を考え、意見を交わさねばなりません。満場一致で施策が決まる場合もありますが、ときには反対意見が出るケースもあるでしょう。

    人材配置においては、仲のよさも大切な要素ですが、それ以上に考慮すべきは「メンバー同士が気兼ねなく意見を交わせる環境」です。

    商談・プレゼンテーションでのコンテクスト

    商談・プレゼンテーションの場面において、コンテクストは「課題」「予算・人員」「時間」を指します。商談は、お客様が抱える課題を分析し、要望を伺う必要があります。そのうえで、予算と人員、課題解消に使える時間にあった提案をしなければ成約にはつながりません。

    プロダクト開発におけるコンテクスト

    プロダクト開発において、コンテクストは「ユーザーの定義・分析」という意味で使われます。プロダクトは、単につくりたいものをつくれば売れるわけではありません。

    開発においては「誰に向けた製品か」「なぜつくるのか」「どのような根拠があって売れると考えるのか」を明確にする必要があります。

    具体的には、以下の情報がユーザーの定義・分析に当たります。

    何歳くらいの人をターゲットにするのか例:1人暮らしのビジネスパーソン、主婦
    ターゲットは普段なにをしているのか例:学生orビジネスパーソンor主婦
    ターゲットに対し、何を提供したいのか例:調理をスムーズにしたい

    ターゲットを上記のように決めたのならば、つくるべき商品は惣菜・冷凍食品になるでしょう。つくるべき商品が決定したら、競合他社からどのような商品が出ているかを分析し、開発に移ります。

    教育・学習領域でのコンテクスト

    教育・学習の領域では、コンテクストは学習者が置かれている環境や条件、または学習内容と関連する背景情報や事情を指します。

    具体的には以下のような情報がコンテクストに該当します。

    コンテクストの例学習に与える影響の例
    物理的環境・自然光が入る教室
    ・壁に掲示されている
     ポスターや学生の作品
    ・教室の広さや形状
    ・学習に対する集中力
    ・地域社会とのかかわり
    社会文化的環境・地域の言語や方言
    ・地域の祭りや行事
    ・多様な文化的背景を持つ学生
    ・学習スタイルや教育
    ・教育の目標やカリキュラム
    生徒のニーズ・学習に対するモチベーション
    ・進学の意志の有無
    ・基本的な計算スキルや言語のレベル
    ・新しい学習内容の理解
    ・学習活動への参加度
    教材の内容・地元の歴史や文化に基づいた
     社会科の教科書
    ・最新の科学的発見を取り入れた
     理科の実験キット
    ・生徒の関心や学習の適用性
    ・生徒の理解の深さ
    教師の思考・教師の教育経験
    ・教師の専門分野や趣味、関心事
    ・教師の価値観を反映したルール
    ・生徒の経験や成果
    ・生徒の自己効力感や達成感
    テクノロジー
    の使用
    ・タブレットやスマートフォン
    ・オンライン教育プラットフォーム
    ・プログラミングやコーディングを
     学ぶためのソフトウェア
    ・生徒が参加しやすくなる
    ・いつでもどこでも学ぶ習慣

    プロモーションにおけるコンテクスト

    宣伝領域におけるコンテクストは「分析・選択」という意味で使われます。

    製品をつくったら企業は広告を打って宣伝するでしょう。テレビやラジオでのCM放映や、若い世代の利用者が多いX(旧Twitter)、YouTubeでの広告配信といった手法も有効です。それぞれの出稿費用を分析し、コストパフォーマンスのよい手法を選ぶことが、認知度を高める第一歩です。

    ビジネスにおけるコンテクストの重要性

    相手の状況を考えたり、理解しようとしたりする行為は、お客様のみならず、普段の実務においても効果が見込めます。

    ビジネスにおけるコンテクストを理解する重要性をご紹介します。

    意思疎通の質向上

    コンテクストを理解することは、相手の背景や立場を把握し、コミュニケーションを明確にするために欠かせません。理解には双方向性がポイントで、情報の交換が活発になるほど、お互いの意図が伝わりやすくなります。

    問題を特定するためには、まずはていねいに聞き取りを行い、相手の非言語コミュニケーションにも注意を払うことが大切です。そして、感情の認識と管理を行いながら、質問を通じて相手の意見やニーズを深く探ることで、コミュニケーションの質が一層向上します。

    マーケティング戦略の最適化

    顧客のコンテクスト(背景や状況)を理解することで、ターゲットに合わせた効果的なマーケティング戦略を策定できます。顧客洞察を活用し、消費者行動を深く理解することで、顧客認識を高めることが可能です。

    これにより、マーケティングのメッセージやキャンペーンが顧客にとってより響くものとなり、結果的にビジネスの成果につながります。

    プロジェクト管理の効率化

    プロジェクトのコンテクスト(文脈)を正確に把握することで、リソースの最適な配分やタスクの優先順位付けがスムーズに行えます。

    目標を明確にし、リソース管理に注意を払いながら、効率的な優先順位をつけられるため、プロジェクトがより円滑に進行し、成功に近づくでしょう。

    リスク管理の強化

    コンテクスト(文脈)を理解すると、潜在的なリスクや問題点を早期に識別し、適切なリスク対応策を講じることができます。これにより、企業は予期せぬ障害に迅速かつ効果的に対処できるでしょう。

    カスタマーエクスペリエンス(CX)の向上

    顧客のニーズや期待を文脈に基づいて理解すると、サービスや製品の提供方法が最適化され、顧客満足度を高められます。顧客洞察を深め、消費者行動を理解すると、顧客が本当に求めているものを提供できるため、結果として顧客との長期的な関係を築けるでしょう。

    コンテクストマーケティングとは

    コンテクストマーケティングは、顧客の現在のニーズや状況、行動に対応して、タイムリーかつ関連性のあるコンテンツやメッセージを提供するアプローチです。

    お客様一人ひとりのニーズに対して関連性の高い情報を提供することで、顧客とのかかわりや満足度、ロイヤルティを向上させる効果的な戦略といえます。

    コンテクストマーケティングの目的・メリット

    コンテクストマーケティングは、顧客が興味のありそうな製品の情報や広告を適切なタイミングで表示するため、顧客満足度の向上が期待できます。

    顧客は、自分が企業に理解されている、この企業には自分の求めている製品やサービスがあると感じ、より頻繁に製品やサービスを利用するようになるためです。その結果、顧客の企業に対する信頼が高まり、購買意欲や顧客満足度の向上につながります。

    企業は顧客満足度が向上すると、口コミによる認知拡大や、リピート顧客による長期的な収益の確保などのメリットを得られるでしょう。

    コンテクストマーケティングの具体例

    コンテクストマーケティングを活用した具体例をご紹介します。

    • 位置情報に基づいた広告表示
    • 購買履歴に基づいたおすすめ製品の表示
    • カスタマイズされたメールキャンペーン

    スマートフォンの位置情報を用いて、特定の場所にいる顧客や過去にその場所を複数回訪れた顧客に、広告を表示することができます。たとえば、オープンキャンパスの予告や地域密着型飲食店の広告などがあるでしょう。

    また、コンテクストマーケティングでは、過去の購買履歴や閲覧履歴からカスタマイズされたおすすめ製品の表示やメールを送信することもできます。これにより、顧客の購買意欲を刺激したり、購入可能性を高めたりすることが期待できます。

    コンテクストデザインとは

    コンテクストデザインは、顧客の実際の作業環境や日常生活を深く理解し、その情報をもとに開発した製品やサービスを意味します。

    コンテクストデザインの目的・メリット

    コンテクストデザインの目的・メリットは以下の通りです。

    顧客満足度の向上

    顧客のニーズに合致している製品やサービスを提供することにより、顧客満足度が向上します。市場調査の実施や顧客が抱える課題のヒアリングをし、それに応えることで、継続的な製品の購買やサービスの利用が期待できます。

    顧客の課題を正確に理解し、効果的に解決することで、顧客の信頼を獲得でき長期的な関係を築く基盤をつくることができるのです。

    業績向上

    コンテクストデザインが顧客ニーズと一致すれば、業績向上につながります。顧客ニーズと製品がもたらす効果の一致度は、市場における製品やサービスの成功確率に大きく影響しています。

    そのため、多くの顧客が抱える課題を解決する製品を販売することで、そのぶん自社製品を求める顧客も多くなり、市場での成功や競争力の強化につながるでしょう。

    コンテクストデザインの具体例

    コンテクストデザインの具体例としては、スマートホームデバイスが挙げられます。スマートホームデバイスは、生活の中にある「あったらいいな」という思いから開発されました。

    家電とスマートホームデバイスを連携させることによって、実際に体を動かす必要なく声だけで、電気をつけたり、カーテンを閉めたりすることができます。

    社会的コンテクスト

    貧困や文化の違いにより生じる問題を解決するための手法として「社会的コンテクスト」という概念もあります。

    社会的コンテクストの定義

    社会的コンテクストとは、時代や文化、環境などの社会的な状況から生まれる価値観や概念のことです。社会的コンテクストは、人々が世界をどのように理解し、他人とどのようにかかわるかに大きな影響を与えます。

    たとえば、同じ事象や問題でも、それが発生する社会的コンテクストによって、人々の反応や解釈は大きく変わることがあるでしょう。異なる文化や社会的背景を持つ人々は、同じ事象に対しても必ずしも、全員が同じ見解になるとは限りません。

    社会的コンテクストは、以下のような要素から成り立っています。

    文化価値観や信念、伝統、慣習 など
    歴史過去の出来事や経験 など
    経済経済状況や社会的階層、職業 など
    政治権力の構造や政治的思想 など
    環境育った場所や性別、家庭環境 など

    グローバル化と社会的コンテクストの関係

    多様性を尊重する現代社会において、社会的コンテクストは重要視されています。文化や歴史認識は、受けた教育などによって異なり、正解や間違いは統一基準で判断できません。

    十人十色という言葉があるように、10人集まれば10通りの考えがあります。ビジネスシーンでは意見のぶつかり合いが起こるときもあるでしょう。多様性を尊重する組織ではそれぞれの考えや主張を否定せず、企業活動の中で大事にすべきことを優先して考える必要があるといえます。

    IT用語としてのコンテクスト

    IT領域においてコンテクストとは「実行までに必要な情報」という意味があります。コンテクスト単体ではなく、各フェーズに沿って組み合わせて使われるのが一般的です。

    IT業界で用いられるコンテクストには以下のようなものがあります。

    コンテキストスイッチング

    コンテクストスイッチングは、オペレーティングシステムがプロセスまたはスレッド間で切り替える際の操作を指します。オペレーティングシステムは、複数のタスクを効率的に管理するために、コンテクスト(タスクの現在の状態の情報)を保存および復元します。

    コンテクストに応じた情報

    コンテクストに応じた情報は、システムが使用者の状況や環境を理解し、それに応じて動作する概念です。スマートデバイスやアプリケーションは、ユーザーの現在のコンテクスト(位置や時間、アクティビティなど)に基づいて適応的な動作を行います。

    実行コンテクスト

    実行コンテクストは、プログラムや関数、命令が実行される環境または条件を指します。プログラミングでは、各関数や命令の実行コンテクストは、変数の範囲やアクセス権、ライフサイクルなどを制御します。

    コンテキストダイアグラム

    コンテキストダイアグラムは、システムとその外部エンティティとの間の関係を視覚的に表現する図です。システム分析やソフトウェア設計では、コンテキストダイアグラムを使用して、システムの境界とインタラクションを明確に定義します。

    セキュリティコンテクスト

    セキュリティコンテクストは、セキュリティ関連の属性や情報(ユーザーの権限やロール、ポリシーなど)を指します。アクセス制御、認証、および認可のメカニズムを管理するために使用されます。

    ハイコンテクストとローコンテクスト

    コミュニケーションの取り方を考える手法として「ハイコンテクスト」と「ローコンテクスト」があります。

    ハイコンテクスト

    ハイコンテクストとは、コミュニケーションにおいて文脈や非言語的手がかりを重視する文化です。具体的には、表情や声のトーンが「ハイコンテクスト」に当たります。

    ハイコンテクスト文化の例としては、日本や中国、韓国などのアジアの国々が挙げられます。これらの国々では、人々は長期的な関係や相互の信頼を特に重視しているでしょう。コミュニケーションは間接的で、言葉を慎重に選ぶ傾向があります。

    ローコンテクスト

    反対にローコンテクストとは、言葉によるコミュニケーションを得意とする文化がある国を指します。具体的には、アメリカやイギリスです。欧米諸国は「日本人に比べ自分の意見をはっきりと主張する傾向がある」といわれています。

    ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化の違いをまとめると以下の通りです。

    ハイコンテクスト文化ローコンテクスト文化
    言葉・非言語要素が大事・言語による直接的な表現を重視
    人間関係・長期的で深い関係性・短期的で表面的な関係性
    情報の共有・暗黙の了解などが多い
    ・意味を読み取る能力が必要
    ・明確で詳細な情報が提供される
    ・背景知識が少なくても理解しやすい
    グループ活動・集団主義的
    ・グループの和を重視
    ・個人主義的
    ・個人の自立と成果を重視
    交渉・関係構築が先行
    ・契約までに時間がかかる
    ・成果に焦点が当てられる
    ・迅速な取り引きが好まれる

    まとめ

    コンテクストとは、ある事象や情報が存在する背景や状況、環境を指します。ビジネスにおいてコンテクストを理解することは、製品やサービスが顧客にとってどのような意味を持つか、またその利用状況を把握するうえで不可欠です。

    たとえば、マーケティングでは、顧客の購買背景を分析して満足度を上げ、プロジェクト管理では目的や期待をクリアにします。リスク管理は外部環境を把握し、リスクを予測、対応します。

    コンテクストを把握し活用することは、ビジネスの各分野での意思決定の質を向上させ、仕事をスムーズに進めるために重要なのです。