One人事

クリティカル(critical)のビジネスにおける意味と使い方、クリティカルシンキングについてわかりやすく解説

クリティカルは「重大な」や「危機的」などの意味を持ち、深刻な問題や致命的な状況をあらわします。なんとなく意味はわかるけどどういうときに使えばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

当記事では、クリティカルの意味や使い方からクリティカルシンキングまでを解説します。意味を正しく理解したい方はぜひ参考にしてください。

ビジネスにおけるクリティカル(critical)の意味と使い方、クリティカルシンキングについてわかりやすく解説
目次アイコン 目次

    クリティカルとは

    クリティカル(critical)は「重大な」「危機的」「致命的」「批判的」などの意味を持ち、深刻な問題や致命的な状況を指す言葉です。たとえば医療現場では、患者の病状が重篤であることを示すために、クリティカルな状態と表現することがあります。

    ビジネスでも、危機的な状況を示すために使われることが多いです。具体的な場面には、プロジェクトの進行中に重大な問題が発生した場合や、企業の経営状況が厳しい場合などが挙げられます。

    またクリティカルは、あるものごとや人物に対して厳しい評価や批判を行う際に、批判的な意味で使用することもあります。

    クリティカルの使い方と例文

    クリティカルの使い方は、文脈により異なりますが、いくつかの例文をご紹介します。

    • 早急に対処しないと、クリティカルな問題に発展しかねない。
    • 患者が昨夜、クリティカルな状態に陥った。
    • A社の経営状態は、極めてクリティカルな状況だ。
    • 彼はなぜ、あんなにクリティカルな態度をとるのか。

    クリティカルは、重大な問題や危機的な状況、致命的な状態、批判的な態度を示すために使われます。そのため、ビジネスシーンや日常生活で「クリティカル」という言葉を使う際には、文脈に合わせて適切な意味を理解し、使い分けることが重要です。

    ビジネスシーンでのクリティカルの使い方

    ビジネスシーンでの「クリティカル」の使い方について解説します。

    クリティカルな意見

    ビジネスにおいては、適切な批評や検討を重ねたうえでの評価が重要です。この過程で、ほかの人からクリティカルな意見を受けることもあります。

    クリティカルな意見とは、事業やプロジェクトの成功に重要な影響を与える可能性のある意見のことを指し、問題点を指摘するものであったり、新たな視点やアイデアを示すものであったりします。

    クリティカルな意見を受けた際には、事業やプロジェクトにどのような影響を与えるのかを冷静に分析することが求められます。また、その意見をどのように取り入れるか、対処するかを決定するためには、全体のビジョンや目標を見失わないことが重要です。

    クリティカルな状況

    ビジネスでは、クリティカルな状況に冷静に対応することが求められます。クリティカルな状況とは、事業やプロジェクトの成功に重大な影響を及ぼす可能性のある状況です。たとえば、予期せぬ問題が発生した場合や、重要な決定を下さなければならない場合などがあります。

    クリティカルな状況に対しては、早急に対策を講じる必要があります。しかし、対策は慌てて行うものではなく、事態の深刻さを理解し、慎重に検討したうえで行うべきです。また、クリティカルな状況に対応する際には、チーム全体で情報を共有し、協力して対応しましょう。

    クリティカルな問題

    ビジネスにおいて問題が発生した時には、状況を把握し検討を重ねて正しい決断をすることが重要です。特に、クリティカルな問題に対しては、事業やプロジェクトの成功に直結するため、慎重に行輪なければなりません。

    クリティカルな問題への対策は、問題の原因を特定し、原因を解消するための具体的なアクションを計画することから始まります。このとき、問題の解決だけでなく、同様の問題が再発しないよう予防策も考えましょう。

    クリティカルの関連用語

    クリティカルエラー

    クリティカルエラーとは、ハードウェアやソフトウェアのシステムに致命的なダメージを与えるエラーです。システムの正常な動作を阻害し、最悪の場合、システムが完全停止する可能性があります。クリティカルエラーは、通常システムの根本的な問題を示すため、迅速に対応しなければなりません。

    クリティカルパス

    クリティカルパスとは、プロジェクト管理において、プロジェクトの開始から終了までの「最長経路」を指します。プロジェクトの全体的なスケジュールを決定する重要な要素であり、プロジェクトの進行状況を把握するために使用されます。

    クリティカルケア

    クリティカルケアとは、重症患者に対して行われる看護のことです。生命を脅かす可能性のある病気やけがを持つ患者に対する、高度な医療技術と看護ケアが必要な状態といえるでしょう。

    クリティカルヒット

    クリティカルヒットとは、ゲームなどで、通常よりも大きな威力で命中する攻撃や致命的な一撃のことです。敵を一撃で倒すことができる強力な攻撃であり、ゲームの戦略や結果に影響を与えます。

    クリティカルシンキングとは

    クリティカルシンキングとは、情報を受け取った際に、その情報が真実であるかを判断し、どのように活用するかを考えることです。つまり、情報をただ受け入れるのではなく、情報を分析や評価、解釈する能力を指します。

    また、クリティカルシンキングには、自分の思考や行動を客観的に見つめ直し、自省する能力も求められます。

    クリティカルシンキングの重要性

    ビジネスでは、クリティカルシンキングが重要視される理由があります。現代社会は情報が溢れており、その中から必要な情報を見つけ出し、適切に活用する能力が求められるからです。

    また、VUCAの時代と呼ばれる変化の激しい現代において、前例に縛られた思考では通用しないこともあります。クリティカルシンキングは、そのような状況を乗り越えるため、ものごとの本質を考え抜く助けとなるでしょう。

    クリティカルシンキングは、問題解決や意思決定においても重要な役割を果たします。問題が発生した際に、原因を正確に把握し、解決策を見つけ出すためには、クリティカルシンキングが必要です。

    また、複数の選択肢から最適なものを選ぶためには、それぞれの選択肢を客観的に評価するクリティカルシンキングが求められます。

    クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違い

    クリティカルシンキングと類似する言葉に、ロジカルシンキングがあります。ロジカルシンキングはものごとの筋道を立てて考えることであり、クリティカルシンキングとは異なる考え方です。

    ロジカルシンキングは、情報を整理し、論理的に結論を導き出す思考法です。一方、クリティカルシンキングは、情報を批判的に分析し、評価する思考法です。つまり、ロジカルシンキングは「どのように考えるか」を、クリティカルシンキングは「何を考えるか」を重視します。

    しかし、2つの思考法は相互に関連しているため、クリティカルシンキングを行う前に、ロジカルシンキングによって情報を整理することで、情報をまとめたうえで分析できるでしょう。

    クリティカルシンキングを鍛える方法

    クリティカルシンキングを鍛えるためには、3つのポイントが重要です。

    1. 目的を常に意識する
    2. 根拠をもとに発言する
    3. 正しい情報を集める

    1つめは目的を常に意識することです。何を達成したいのか、どのような結果を目指しているのかを常に意識することで、思考の方向性を保つことができます。

    2つめは、発言する際に事実や根拠を盛り込むよう意識することです。普段から気をつけておくことで、クリティカルシンキングだけでなくロジカルシンキングの習得にも役立つでしょう。

    3つめは正しい情報を集めることです。情報が溢れる現代において情報は簡単に集まります。しかし、思い込みや偏った意見も情報として取り入れてしまうと正しい判断ができません。情報を集める際は、信ぴょう性や根拠があるかを確認する習慣をつけましょう。

    クリティカルシンキングの実践ステップ

    クリティカルシンキングの実践ステップについて解説します。

    1.目的を明確にする

    まずは、ゴールを明確にします。何を達成したいのか、どのような結果を目指しているのかをはっきりさせることが重要です。これにより、思考の方向性が定まり、効率的に目的を達成できます。

    2.現状を分析する

    次に、現状を分析します。現在どのような状況にあるのか、何が問題となっているのかを理解することが求められます。このとき、情報を収集し、客観的に分析する能力が必要とされるでしょう。

    3.課題を洗い出す

    2で分析した結果をもとに問題点や改善点を見つけます。このステップでは、情報を整理し、論理的に考える能力が必要となるでしょう。

    4.アクションプランを立てる

    最後に、解決のためのアクションプランを考えます。課題を解決するためには、具体的な行動計画が必要です。あらゆる可能性を考慮し、戦略的に計画することが求められます。

    まとめ

    クリティカル(critical)は「重大な」「危機的」「致命的」「批判的」などの意味を持ち、深刻な問題や致命的な状況を指す言葉です。クリティカルな状況や問題と使われることが多く、対処には状況を正しく把握し、検討を重ねて決断をするクリティカルシンキングが求められます。

    状況に応じて意味合いが少し異なったり、むやみに使うと混乱を招くこともあるため、意味や使い方を正しく理解したうえで、用いるようにしましょう。

    資料アイコン
    無料ダウンロード
    さらに詳しく知りたい方、導入をご検討中の方のためにPDF資料をご用意しております。
    まずは資料請求をする