One人事

グループウェアとは? 選び方と導入のメリットを徹底解説

グループウェアは、情報共有やコミュニケーションを効率化するビジネスソフトウェアでございます。社内のコミュニケーションを円滑にし、業務効率化をはかるためのツールとして設計されています。

スケジュール管理やプロジェクト管理、ファイル共有などの業務効率化が可能で、情報共有のスムーズ化やコスト削減、リモートワークの円滑化などのメリットが得られます。これにより、業務の効率化とチームの一体感向上を実現できるでしょう。

グループウェアと? 選び方と導入のメリットを徹底解説
目次アイコン 目次

    グループウェアとは

    グループウェアとは、企業や組織内での情報共有やコミュニケーションを効率化するためのビジネスソフトウェアのことです。グループウェアは、社内のコミュニケーションを円滑にし、業務効率化を促進するためのツールとして設計されています。

    具体的には、社内や事業部内、部署内など、グループで業務を行ううえで必要なコミュニケーションやスケジュール管理、進捗確認、データのやり取りなどを実現する機能を備えています。

    グループウェアの基本機能

    グループウェアには、多くの基本機能が搭載されています。その中でも主要なものは、スケジュール管理やタスク管理、チャットやメール、ファイル共有などの機能です。これらの機能を詳しく見ていきましょう。

    メール機能社内のメンバーとのコミュニケーションを円滑に行う
    社内のメンバーとの連絡を迅速に行うことができる
    スケジュール管理メンバーのスケジュールを一元管理する
    会議やイベントの調整を行える
    プロジェクト管理プロジェクトの進捗状況やタスクの割り当てなどを管理する
    進捗状況によって必要なアクションを行うことができる
    コミュニケーション機能リアルタイムでのコミュニケーションを行う
    コミュニケーションが円滑に行われ、業務の効率化をはかれる
    ファイル共有機能ファイルを共有し、メンバー間での情報共有を行う
    必要な情報を迅速に共有し、業務の進行をスムーズに行える
    設備予約機能会議室や設備の予約を行う
    必要な設備を確保し、業務の進行をスムーズに行える
    ワークフロー機能業務の流れを視覚化し、業務の進行状況を把握する
    業務の効率化や進行状況を把握できる

    グループウェアのメリット

    グループウェアの導入により主要なメリットものは、情報共有のスムーズ化やコスト削減、リモートワークの円滑化などです。

    情報共有のスムーズ化により、業務効率が上がります。また、ペーパーレス化につながるため、コスト削減にも寄与します。さらに、複数人で情報が共有できるため、チームでの業務遂行が容易になります。

    リモートワークの円滑化により、場所を問わずに業務を行うことが可能になります。テレワーク環境の整備やコスト削減がはかれるでしょう。

    また、社内コミュニケーションの活性化により、チームの一体感が向上します。これにより、業務の効率化だけでなく、チームのモチベーション向上にも寄与します。

    グループウェアの選び方

    グループウェアの選び方は、企業の業務効率化や情報共有のための重要な決定です。また、自社の課題や導入目的に合った機能や料金体系、操作性を考慮することが重要です。

    海外製と日本製の違い

    海外製のグループウェアは、多言語対応やグローバルな規模の企業に対応した機能を持つことが多いです。海外製は多国籍企業や海外展開を行っている企業をターゲットにしているためです。また、海外製のグループウェアは、最新技術やトレンドを取り入れやすいという特徴もあります。

    一方、日本製のグループウェアは、日本の労働環境や文化に合わせた機能を持つことが多いです。たとえば日本企業では、上司への報告や承認フローが重要なため、これらに強化したものが多いです。また、サポートが充実しているため、日本人のユーザーにとっては使いやすいでしょう。

    単発システムとグループウェアの違い

    次に、単発システムとグループウェアの違いについて考えてみましょう。単発システムは、特定の業務を効率化するためのシステムで、業務に特化した機能を持っています。たとえば、営業支援システムや顧客管理システムなどが該当します。

    一方グループウェアは、複数の業務を一元的に管理し、業務全体の効率化をはかるためのシステムです。スケジュール管理やメール、ファイル共有、掲示板など、多機能を1つのシステムで提供します。これにより、情報の一元管理が可能となり、業務の効率化や情報共有のスムーズ化を実現します。

    コストとセキュリティ要件の考慮点

    グループウェアの導入には、コストとセキュリティ要件を考慮する必要があります。

    コストは、導入費用だけでなく、運用費用やメンテナンス費用も含めて考慮する必要があります。また、セキュリティ要件は、情報漏えい防止やプライバシー保護など、企業の情報管理ポリシーに合致したものを選ぶことが重要です。

    コストについては、初期導入費用だけでなく、運用費用やメンテナンス費用も考慮する必要があります。また、グループウェアの導入には、社員の研修や教育も必要となるため、これらのコストも見逃さないようにしましょう。

    セキュリティ要件については、情報漏洩防止やプライバシー保護など、企業の情報管理ポリシーに合致したものを選ぶことが重要です。特に、個人情報を扱う企業や、機密情報を扱う企業では、セキュリティ要件は非常に重要となります。

    ISOやSOCの認証の重要性

    最後に、グループウェアの選定時には、ISOやSOCの認証を確認することも重要です。これらの認証は、グループウェアの品質やセキュリティを保証するもので、信頼性の高いグループウェアを選ぶための一つの指標となります。

    ISO認証は、国際標準化機構が定める品質管理や環境管理などの基準を満たしていることを証明するもので、グループウェアの品質を保証します。一方SOC認証は、サービス組織の内部統制が適切に機能していることを証明するもので、グループウェアのセキュリティを保証します。

    グループウェアの選び方は、多くの要素を考慮する必要があります。しかし、これらの要素をしっかりと考慮することで、自社の業務効率化や情報共有を実現する最適なグループウェアを選ぶことができるでしょう。

    グループウェアとワークフローシステムの連携

    現代のビジネス環境では、業務効率化が求められています。そのために、多くの企業がグループウェアとワークフローシステムを導入し、連携させることで、さらなる業務効率化を実現しています。

    ワークフローシステムとは

    ワークフローシステムとは、業務手続きの電子化や効率化を行うシステムのことを指します。具体的には、業務の流れを自動化し、業務の進行状況を可視化することで、業務の効率化をはかることができます。

    また、ワークフローシステムは、グループウェアのワークフロー機能とは異なり、より複雑な手続きや承認ルートの設定が可能です。これにより、企業の業務プロセスに合わせた柔軟な設定が可能となり、業務の効率化を一層進めることができます。

    グループウェアとワークフローシステムの連携のメリット

    ワークフローシステムとグループウェアを連携させることで、申請業務や情報共有の効率化がはかれます。具体的には、申請書類の作成から承認までの一連の流れを自動化することで、業務効率化を実現します。また、情報共有もスムーズに行えるため、業務ミスを削減できるでしょう。

    さらに、ワークフローシステムとグループウェアの連携により、業務の透明性が向上します。業務の進行状況や承認状況をリアルタイムで確認することができるため、業務の進捗管理が容易になります。これにより、業務の遅延やボトルネックを早期に発見し、対策を講じられるでしょう。

    グループウェアの導入デメリットと対策

    グループウェアは、企業の業務効率化やコミュニケーションの円滑化を図るためのツールとして、多くの企業で導入が進んでいます。しかし、その一方で、導入にあたってはデメリットも存在します。

    導入のデメリット

    まず、グループウェアの導入にあたってのデメリットについて見ていきましょう。

    チャット機能の自由度が低い場合がある

    1つめのデメリットとして、チャット機能の自由度が低い場合があります。グループウェアには、メンバー間のコミュニケーションを円滑にするためのチャット機能が搭載されていますが、その機能が限定的であったり、使い勝手が悪い場合があります。

    たとえば、リアルタイムでのやり取りが難しかったり、ファイルの共有が煩雑だったりすると、チャット機能の利便性が半減してしまいます。

    導入しても定着するとは限らない

    2つめのデメリットとして、導入しても定着するとは限らないという点が挙げられます。グループウェアを導入したからといって、すぐに全員がそれを使いこなすわけではありません。

    特に、ITリテラシーが低い社員がいる場合や、新しいツールへの抵抗感が強い場合には、導入後もなかなか定着しないことがあります。

    導入時の判断基準

    次に、グループウェアを導入する際の判断基準について見ていきましょう。

    使いたい機能が含まれているか

    まず、自社が必要とする機能がグループウェアに含まれているかを確認することが重要です。たとえば、ファイル共有機能やスケジュール管理機能、タスク管理機能など、自社の業務に必要な機能が全て揃っているかをチェックしましょう。

    モバイル向け機能やアプリがあるか

    また、現代のビジネスシーンでは、外出先や自宅からでも業務を行うことが多いため、モバイル向けの機能やアプリがあるかも重要な判断基準となります。スマートフォンやタブレットからでもスムーズに操作できるグループウェアを選ぶことで、場所を選ばずに業務を進められるでしょう。

    自社に合うプランが選べるか

    さらに、自社の規模や業務内容に合ったプランを選べるかも重要なポイントです。ユーザー数に応じたプランや必要な機能を選べるプランなど、自社に最適なプランを選べるグループウェアを選ぶことが求められます。

    コストに見合っているか

    最後に、コストパフォーマンスも重要な判断基準となります。高機能であってもコストが業績に影響を及ぼすようならば、慎重に検討するべきでしょう。また、導入後の運用コストも考慮に入れることが重要です。

    グループウェアの導入形態

    ビジネスの現場でコミュニケーションを円滑にし、業務効率を向上させるためには、適切なグループウェアの導入が不可欠です。グループウェアの導入形態としては、主にオンプレミス型とクラウド型の2種類が存在します。

    オンプレミス型とクラウド型の違い

    まず、オンプレミス型とは、自社のサーバーにグループウェアのソフトウェアを直接インストールし、運用する形態を指します。特徴は、セキュリティ性とカスタマイズ性の高さです。自社のサーバーで運用するため、外部からの不正アクセスを防ぐセキュリティ対策を自在に施すことが可能です。

    また、自社の業務フローやニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズすることも可能です。しかし、その反面、導入初期のコストが高くなる傾向があります。サーバーの設置やソフトウェアのインストール、運用に必要な人材の育成など、初期投資が必要となるためです。

    一方、クラウド型は、インターネット上で提供されるグループウェアのソフトウェアを利用する形態を指します。特徴は、初期費用を抑えられることと、場所を問わずにアクセスできることです。

    ソフトウェアはクラウド上に存在し、必要な機能を必要な時に利用することができます。そのため、自社でサーバーを設置したり、ソフトウェアをインストールしたりする必要がありません。

    また、インターネットが接続できる環境であれば、どこからでもアクセスすることが可能です。これにより、リモートワークやテレワークの増加に対応することができます。

    既存システムとの連携の重要性

    グループウェアを導入する際には、既存のシステムとの連携が可能かどうかを確認することも重要です。たとえば、既存の顧客管理システムや業務管理システムとグループウェアがスムーズに連携できれば、情報の一元管理が可能となり、業務効率化をさらに進めることができます。

    また、システム間の連携により、重複した入力作業の削減や、情報のリアルタイム共有など、業務の効率化をはかることが可能です。グループウェアの導入形態は、オンプレミス型とクラウド型の2種類があり、それぞれに特性と利点があります。

    また、既存システムとの連携も重要な視点となります。自社の業務フローやニーズに合わせて、最適なグループウェアの導入形態を選択しましょう。

    グループウェアの歴史と現状

    グループウェアの歴史は1990年代にさかのぼり、現在では多くの企業で活用されています。

    グループウェアの歴史

    グループウェアの歴史は、1990年代に始まります。当時のグループウェアは、大企業向けの複雑で高価なものでした。企業内の情報共有やコミュニケーションを円滑にするためのツールとして開発されましたが、その導入には高額な費用と専門的な知識が必要でした。

    しかし、技術の進歩とともに、グループウェアは大きく進化してきました。特に、クラウド技術の普及により、グループウェアの導入が容易になりました。

    クラウド上で動作するグループウェアは、導入費用を大幅に抑えることができ、専門的な知識を必要とせずに利用することが可能になりました。これにより、中小企業でも手軽にグループウェアを導入できるようになりました。

    現在のグループウェアの状況

    現在では、グループウェアは多くの企業で活用されており、重要性はますます高まっています。企業内の情報共有やコミュニケーションを円滑にするためのツールとして、グループウェアは欠かせない存在となっています。

    特に、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増えたことにより、グループウェアの導入が急速に進んでいます。リモートワークでは物理的な距離があるため、情報共有やコミュニケーションが難しくなります。

    しかし、グループウェアを利用することで、これらの課題を解決することが可能です。そのため、リモートワークを行う企業では、グループウェアの導入が急速に進んでいます。

    また、グループウェアは、企業の業務効率化にも大いに貢献しています。情報共有やコミュニケーションを円滑にすることで、業務の進行をスムーズにし、生産性を向上させることができます。そのため、グループウェアは、企業の業務効率化を実現するための重要なツールとなっています。

    グループウェアは、その歴史とともに大きく進化し、現在では多くの企業で活用されています。その重要性はますます高まっており、今後もその進化と普及が期待されています。

    グループウェアのカスタマイズと拡張ツール

    グループウェアは、企業の業務効率化や情報共有の円滑化に大いに貢献するツールです。しかし、その機能は一概に全ての企業にフィットするわけではありません。そのため、自社のニーズに合わせてカスタマイズや拡張ツールを活用することが求められます。

    カスタマイズの必要性と費用

    グループウェアの導入に際しては、自社の業務フローや情報共有のスタイルに合わせてカスタマイズが必要となる場合があります。たとえば、特定の部署間での情報共有を強化したい、特定の業務フローを自動化したいニーズに応じて、グループウェアの機能を調整することが考えられます。

    しかし、カスタマイズには時間と費用がかかります。特に、自社でのシステム開発能力が限られている場合、カスタマイズは一筋縄ではいきません。そのため、自社でのカスタマイズが難しい場合は、拡張ツールの活用や複数製品の組み合わせを検討することもあります。

    カスタマイズの費用は、要件の複雑さやカスタマイズの範囲によりますが、数十万円から数百万円程度が一般的です。また、カスタマイズには時間もかかりますので、導入計画を立てる際には十分に時間を見積もる必要があります。

    拡張ツールの活用方法

    拡張ツールは、グループウェアの機能を補完するためのツールで、特定の業務に特化した機能を追加することができます。これにより、自社の業務に最適化したシステムを構築することが可能です。

    たとえば、プロジェクト管理機能を強化したい場合、プロジェクト管理に特化した拡張ツールを導入することで、タスクの進捗管理やリソースの配分などをより効率的に行うことができます。

    また、営業活動を支援するためのCRM機能を追加したい場合、CRMに特化した拡張ツールを導入することで、顧客情報の一元管理や営業活動の履歴管理などを行うことができます。

    拡張ツールの導入には、ツールの選定や設定、運用のための時間と費用が必要ですが、自社の業務に最適化したシステムを構築することで、業務効率化や情報共有の円滑化を実現することができます。

    まとめ

    グループウェアは、企業や組織内での情報共有やコミュニケーションを効率化するためのビジネスソフトウェアです。メール機能やスケジュール管理、プロジェクト管理などの機能を活用し、業務効率化や情報共有のスムーズ化がはかれます。

    また、リモートワークの増加にともない、場所を問わずに業務を行うための環境整備やコスト削減が求められております。社内コミュニケーションの活性化により、チームの一体感が向上し、業務の効率化とモチベーション向上にも寄与します。

    グループウェアの選び方には、自社のニーズや予算に合わせた製品選定が重要です。それぞれ異なる特徴や価格設定を持っているので、自社のニーズに合わせて最適な製品を選ぶことが求められるでしょう。

    資料アイコン
    無料ダウンロード
    さらに詳しく知りたい方、導入をご検討中の方のためにPDF資料をご用意しております。
    まずは資料請求をする