One人事

ヘルスリテラシーの重要性と向上方法|個人と企業の健康経営につながる知識とスキル

ヘルスリテラシーとは、健康情報を入手・理解・評価・活用するための知識や能力を指します。具体的には、自分に合った健康情報を探し出し、情報の理解や信憑性の評価により、自身の健康管理や病気の予防・治療に活用する力です。

ヘルスリテラシーは、自身の健康を守り、健康状態を改善するための重要な手段です。健康情報は、自身の健康状態を理解し、適切な健康行動をとるための重要な情報源であり、理解し活用することで、自身の健康状態を改善できます。

ヘルスリテラシーの重要性と向上方法|個人と企業の健康経営につながる知識とスキル
目次アイコン 目次

    ヘルスリテラシーとは

    ヘルスリテラシーとは、健康情報を入手・理解・評価・活用するための知識や能力のことです。具体的には、自分に合った健康情報を探し出し、情報の理解や信憑性の評価により、自身の健康管理や病気の予防・治療に活用する力を指します。

    ヘルスリテラシーは、自身の健康を守るための重要なスキルであり、健康状態を改善するための重要な手段でもあります。健康情報は、自身の健康状態を理解し、適切な健康行動をとるための重要な情報源であり、適切に理解し活用することで、自身の健康状態を改善することができるのです。

    ヘルスリテラシーの段階

    ヘルスリテラシーは「機能的」「相互作用的」「批判的」の3段階に分けられます。

    機能的ヘルスリテラシーは、基本的な読み書きや計算能力を用いて、健康情報を理解し活用する能力を指します。

    相互作用的ヘルスリテラシーは、他者とのコミュニケーションを通じて健康情報を得たり、自身の健康状態を改善するための行動をとったりする能力です。

    批判的ヘルスリテラシーは、健康情報を批判的に評価し、自身の健康状態を改善するための意思決定を行う能力をあらわします。

    これらのヘルスリテラシーの段階は、個人だけでなく、企業や社会全体が主体的に取り組むことが必要です。ヘルスリテラシーを向上させるためには、健康情報の提供者である企業や社会全体が、信頼性の高い情報提供や、その情報の理解・活用をサポートする環境の整備が求められます。

    ヘルスリテラシーが求められる理由

    現代社会では、インターネットや新聞、テレビなど、さまざまなメディアに健康情報があふれています。しかし、それらの情報の中には信頼性の低い情報も含まれており、鵜呑みにしてしまうと誤った健康行動をとってしまうかもしれません。

    信頼できる情報を適切に理解し、自身の健康管理や病気の予防・治療に活用するために、ヘルスリテラシーが求められます。

    ヘルスリテラシーの重要性

    ヘルスリテラシーの能力が低いと、病気にかかりやすくなったり、病状が悪化するまで受診を遅らせたりする可能性があります。その結果、生命を脅かす事態に至ることもあるだけでなく、日常生活の質(QOL)も低下する恐れがあります。

    このように、ヘルスリテラシーは生活に深くかかわる重要な要素といえるでしょう。

    健康と生活の質が向上する

    ヘルスリテラシーは、自身の健康を管理し、生活の質を維持・向上させるために重要な役割を果たします。

    ヘルスリテラシーが高い人は、自身の健康状態を正確に理解し、適切な健康行動をとることができます。たとえば、適度な運動やバランスのよい食事、定期的な健康診断、ストレスへの適切な対処など、健康的な行動習慣を確立していることが多いです。

    また、ストレス対処においても積極的に問題解決を試みる傾向があります。自分自身で解決できない問題に直面したときは、他者からのサポートを適切に求めることができるでしょう。これらの能力は、心身の健康を維持し、生活の質を高めるうえで非常に重要とされています。

    健康経営により生産性が向上する

    企業においても、従業員のヘルスリテラシーを高める取り組みが重要とされています。その理由は、健康経営に積極的な企業が投資市場で評価されるようになっているからです。

    健康な従業員は、業務に対する集中力が高まり、生産性が向上します。その結果、企業の業績も向上し、投資家からの評価も高まることが期待できるでしょう。

    また、充実した社員教育や福利厚生は、採用市場でも評価されやすくなります。これにより、優秀な人材を引き寄せ、企業の競争力を高めることが可能です。

    しかし、従業員本人の関心がなければ、効果的な健康対策を実施することは難しいです。そのため、企業は従業員のヘルスリテラシーを高める教育や研修を提供することで、従業員一人ひとりが自身の健康を管理する意識を高めることが求められます。

    ヘルスリテラシーは個々の健康と生活の質、企業の健康経営と生産性に大きく影響を与えます。そのため、ヘルスリテラシーの向上は、個人の健康維持・向上だけでなく、企業の成長にも寄与する重要な要素といえるでしょう。

    ヘルスリテラシーの向上方法

    ヘルスリテラシーの向上には、個人や企業、社会全体の主体的な取り組みが必要です。健康について専門家に任せきりにするのではなく、自分ごとと捉え、環境を変えていく意識が重要です。

    個人の取り組み

    個々の人々がヘルスリテラシーを向上させるためには、情報の信頼性を確認する「か・ち・も・な・い」と、意思決定のポイントを押さえる「お・ち・た・か」が重要です。

    「か・ち・も・な・い」は、以下の頭文字をとっており、情報収集の際に確認すべき事項をあらわしています。

    • 書いたのは誰か
    • 違う情報と比較したか
    • 元ネタ(根拠)は何か
    • なんのための情報か
    • いつ発信された情報か

    「お・ち・た・か」は、以下の頭文字をとっており、大事なことを決めるときに確認すべきことをあらわしたものです。

    オプション(選択肢)選べる選択肢がすべて揃っているか確認する
    長所各選択肢の長所を知る
    短所各選択肢の短所を知る
    価値観各選択肢の長所と短所を比較して、何が重要かを明確にする

    また、自身の価値観を大切にし、周囲の人々とのコミュニケーションや寄り添う気持ちも重要です。自分自身の健康に対する意識を高めるだけでなく、他人の健康に対する理解や共感も深めることで、より高いヘルスリテラシーを身につけることができるでしょう。

    企業の取り組み

    企業においても、ヘルスリテラシーの向上は重要な課題です。

    具体的な方法としては、まず従業員のヘルスリテラシーの現状を把握することが必要です。健康診断や情報提供の場を用意し、従業員一人ひとりが自身の健康状態を理解し、それに基づいた行動をとることができるようにすることが求められます。

    また、周囲に影響を与えるキーパーソンを増やすことも有効です。ヘルスリテラシーが高い人が他の人々に影響を与え、全体のヘルスリテラシーを向上させるという考え方です。

    さらに、現状のヘルスリテラシーレベルを理解し、健康に関して学ぶ機会を提供し、情報を見極めるためのポイントを共有することも重要です。

    そして、チームで取り組む施策や環境を作り、従業員の興味関心をひくシステムづくりをすることで、ヘルスリテラシーの向上を促すことができます。これらの取り組みを通じて、企業全体としての健康意識を高め、ヘルスリテラシーの向上をはかることができるとされています。

    信頼できる健康情報の入手方法

    健康に関する情報は、現代社会ではインターネットを通じて手に入れることが一般的です。

    しかし、情報が氾濫するこの時代だからこそ、信頼性のある情報を見極める必要があります。誤った情報に基づいて健康管理を行うと、逆に健康を害する可能性もあるでしょう。

    地域とヘルスリテラシー

    健康に関する情報を理解し、活用して健康的な生活を送る能力である「ヘルスリテラシー」は、個々の健康だけでなく、地域全体の健康を守るためにも重要な要素です。地域全体でヘルスリテラシーを向上させることは、地域の健康を守るために重要な課題とされています。

    地域全体の健康保護

    地域全体の健康を保護するためには、住民一人ひとりが自身の健康を管理し、適切な健康行動をとることが求められます。そのためには、ヘルスリテラシーが必要です。

    ヘルスリテラシーが低いと、健康に対する認識や理解が足りず、適切な健康行動をとることが難しくなるでしょう。その結果、生活習慣病などの発症リスクが高まるとともに、早期発見・早期治療ができない可能性があります。

    これらの問題を防ぐために、地域全体でヘルスリテラシーを向上させることが重要なのです。

    ヘルスリテラシーとコミュニケーション

    ヘルスリテラシーは、個々の健康だけでなく、社会全体の健康にも影響を与える重要な要素です。ヘルスリテラシーの向上には、個人から集団、企業、社会へとつながる、開かれたコミュニケーションが不可欠といわれています。

    開かれたコミュニケーションの重要性

    開かれたコミュニケーションとは、情報を自由に共有し、意見を尊重し合うことができる状態です。

    これは、ヘルスリテラシーの向上において重要な役割を果たします。なぜなら、健康に関する情報は専門的な知識を必要とすることが多く、理解して適切に行動に移すためには、情報を共有し、理解し合うことが必要だからです。

    個人から企業や社会へと広がる開かれたコミュニケーションは、健康情報の正確な理解と共有を促進します。

    たとえば、医療専門家が患者に対して情報を適切に伝えることで、患者は自身の健康状態を理解し、適切な医療行為を選択できます。また、企業が従業員に対して健康に関する情報を開示し、健康的な選択を促すことで、従業員全体の健康状態の改善につながるでしょう。

    自身の価値観と他者とのコミュニケーション

    ヘルスリテラシーの向上には、自身の価値観を大切にし、他者とのコミュニケーションを重視することも重要です。自分自身の健康についての意思決定は、自身の価値観や信念に基づいて行われます。そのため、自身の価値観を理解し、他者に伝えることが重要です。

    また、他者とのコミュニケーションを通じて、他者の価値観や視点を理解することも重要です。これにより、自身の価値観や視点が偏らず、多角的な視点から健康について考えることができます。さらに、他者とのコミュニケーションを通じて、自身の健康についての理解を深められます。

    ヘルスリテラシーの向上は、個人の健康だけでなく、社会全体の健康にも寄与します。そのため、開かれたコミュニケーションを通じて、自身の価値観を大切にし、他者とのコミュニケーションを重視することが求められるのです。

    ヘルスリテラシーの測定方法

    ヘルスリテラシーの測定は、健康状態の改善や維持、疾病の予防に役立つ情報を提供するために重要です。ヘルスリテラシーの測定は、オンラインデータベースを活用する方法があります。

    ヘルスリテラシーの現状把握

    ヘルスリテラシーの現状を把握することは、個々の健康状態を理解し、適切な健康行動を促進するために重要です。具体的には、従業員や一般市民のヘルスリテラシーのレベルを評価し、その結果を基に健康教育プログラムを開発したり、健康情報の提供方法を改善したりします。ヘルスリテラシーのレベルは、読解力、数学能力、情報検索能力、意思決定能力など、さまざまなスキルに基づいて評価されます。

    オンラインデータベースの活用

    ヘルスリテラシーの測定は、オンラインデータベースで行えます。ヘルスリテラシーの測定ツールを検索・比較でき、各ツールの詳細な情報(測定目的や対象者、使用方法など)を提供しています。

    医療用語の読解力を測定するためのツールや、健康情報の理解力と適用力を測定するためのツールがあるため、インターネットで検索してみるとよいでしょう。

    ヘルスリテラシーの測定は、個々の健康状態を改善し、社会全体の健康を促進するために重要です。そのため、ヘルスリテラシーの測定方法を理解し、適切に活用することが求められます。

    まとめ

    ヘルスリテラシーとは、健康情報に関する情報リテラシーです。自身の健康を守るための重要なスキルであり、健康状態を改善するための重要な手段でもあります。

    個人がヘルスリテラシーを向上させるためには、健康情報の提供者である企業や社会全体が、信頼性の高い健康情報の提供や、情報の理解・活用をサポートする環境を整備することが求められます。

    ヘルスリテラシーの向上は、個人の健康維持・向上だけでなく、企業の成長や地域の健康保護にも寄与します。そのため、個人や企業、社会全体が協力して取り組むことが重要です。

    信頼できる健康情報の入手方法やヘルスリテラシーの測定方法を理解し、適切に活用することで、自身の健康状態を改善し、より健康的な生活を送ることができるでしょう。