One人事

中期経営計画の作り方とは?手順やポイント、注意点も解説!

中期経営計画とは、3~5年の中期的な会社の計画をまとめたものです。長期的に安定した経営を行うためには、中期的な見通しと施策も実行して進めていくことが大切とされています。

しかし「中期経営計画の正しい作り方がわからない」「中期経営計画の通りに成功しない」などの悩みを抱えている企業も少なくありません。

中期経営計画を作成すると、社内外の状況を整理して把握したり、今後の課題や取るべき行動も明確になるため、会社経営にとって重要な計画の一つといえるでしょう。

そこで本記事は、中期経営計画の作り方を中心に解説します。中期経営計画の目的や注意点などもあわせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

中期経営計画の作り方とは?手順やポイント、注意点も解説!
目次アイコン 目次

    中期経営計画とは

    中期経営計画とは、企業経営を続けるために、3~5年の中期にかけてやるべきことを示した計画を指します。長期的に企業の業績を安定させるためにも、中期計画で一つひとつの目標を達成し、近い未来の予測を立てることが大切です。

    予測できない変化が起こりやすい現代において、変化に対応しながら目標達成ができるような道筋を立てることが、中期経営計画のポイントといえるでしょう。

    中期経営計画を作る目的

    中期経営計画を作る目的は複数あり、具体的にはどのような点が挙げられるのでしょうか。具体的な目的について、ご紹介します。

    会社の状況を整理するため

    中期経営計画を作る目的の1つめは、社内の状況を整理するためです。従業員数や男女比、年齢など、会社の内部環境を把握したうえで、今後の予測を立てます。たとえば、産休や育児休業を取得する人数や管理職に登用する人数などを予測します。

    また市場調査や競合分析を行いながら、自社の状況と照らし合わせると、数字の整理もできるでしょう。社内環境と市場動向を把握して自社の状況を整理し、取るべき施策を明確にするという目的があります。

    やるべきことの明確化

    中期経営計画を作る目的の2つめは、中期的な視野でやるべきことを明確にするためです。中期経営計画を立てる際は、たとえば「5年後の目標に対して、〇〇はどれくらい必要なのか」というように逆算して数字を出します。

    達成したい目標はもちろんですが、具体的なアクションプランも明確になるため、スムーズに実行に移せるでしょう。

    従業員に思考力が身につく

    中期経営計画を作る目的の3つめは、従業員の思考力や判断力を養うためです。中期経営計画の具体的な行動内容は、経営層や管理職だけでなく、一般社員も自身で考え、工夫して取り組みます。

    そうすると従業員は主体性が身につき、みずから考える癖がつくでしょう。それにより効率的に取り組めるようになると、計画がスムーズに進み、会社全体の生産性向上も期待できます。

    中期経営計画の作り方

    中期経営計画の作り方はどのような手順やステップで進めればいいでしょうか。あらかじめ手順を理解しておくと、効率的に計画を策定できるため、ぜひ参考にしてください。

    経営理念の明確化

    中期経営計画の作り方における最初のステップは、経営理念を明確にすることです。経営理念は「ミッション」「ビジョン」「バリュー」の要素に分けられます。

    一つひとつの要素を分解して従業員に共有し、あらためて理解を深めましょう。具体的な計画や施策を立てる前に理念を理解し、そのうえで計画を策定、計画の中でも明記することが大切です。

    内部環境の現状把握

    次に自社の状況を分析し、現状を把握します。数字の状況把握はもちろん、社内を構成する従業員のデータや各部署の状況も明確にしましょう。

    適切に状況を把握できないまま計画を策定してしまうと、到底困難な内容になってしまったり、目標達成までの道のりが非効率になってしまったりするためです。数字を上げるためにどのような点を活かし、どのような点を補わなければいけないのかを正しく理解して計画や施策に反映させましょう。

    外部状況の把握と分析

    次に、市場や競合他社など、外部状況について分析して状況を把握しましょう。市場動向を分析するのはもちろん、競合他社の状況や今後の予測を立て、どうしたら競合に負けない数字を出せるのかを検討します。

    中期戦略を決定

    次に、中期的な戦略を決めます。分析した状況をもとに、どのような事業で何を進めていくべきかなどを具体的に検討しましょう。特に自社の事業展開を踏まえ、強みを発揮できるような計画を立てることが大切です。

    経営理念や企業の方向性とは異なるビジネスプランを立ててしまうと、失敗につながるかもしれません。分析した内容を冷静に捉え、自社の事業をどのようなに展開していくべきかを検討し、策定しましょう。

    数値目標と行動計画の策定

    いよいよ中期経営計画の目標を策定します。中期戦略から必要な内容を逆算し、具体的な数字目標と行動内容を検討し、計画に落とし込みます。

    一つひとつ逆算して立てると、達成のために必要な数字や各部署の役割、アクションプランなどを決めやすくなり、計画をスムーズに進めやすくなるでしょう。

    定期的な見直し

    中期経営計画を実行する中で、定期的な見直しも大切です。想定外のトラブルが生じ、目標が達成できないなど計画や目標とのズレが生じたら、適切な対応を取れるようにするために見直しましょう。

    ズレが大きくなってしまったら、計画自体を修正する必要があります。課題や問題点をそのままにせず、定期的に見直し、改善策や今後の対応、進め方をあらためて整理することが大切です。

    中期経営計画の作成で役立つSWOT分析

    中期経営計画を作る際に役立つのが「SWOT分析」という手法です。中期経営計画の作成には、内部環境や外部状況を把握して整理する必要があります。

    SWOT分析は、自社の強み(Strongth)弱み(Weakness)といった「内部要因」、機会(Opportunity)脅威(Threat)といった「外部要因」を分析するフレームワークです。

    最初に外部要因を分析し、自社にとって機会や脅威となる要因を把握します。次に自社の強みと弱みを分析し、優位性や差別化となる強みを見つけましょう。

    プラス要因マイナス要因
    内部環境強み(Strongth)
    ・商品開発力
    ・従業員構成
    弱み(Weakness)
    ・利益率
    ・商品イメージ
    外部環境機会(Opportunity)
    ・SNSなど販売チャネルの増加
    ・低価格指向
    脅威(Threat)
    ・競争激化
    ・大企業の参入

    このフレームワークでは、自社の置かれている状況や今後必要な行動が明確になり、達成すべき成功要因が把握できます。

    中期絵経営計画で注意すべきこと

    中期経営計画を作る際に、特に注意すべきことをご紹介します。あらかじめ問題となりやすい点を理解しておくとリスク回避にもつながります。

    従業員との情報共有

    中期経営計画を作る際は、従業員への情報共有を怠ってはいけません。計画を策定するのは管理職や幹部層かもしれませんが、実際にそれぞれの施策を中心になって取り組むのは、従業員であるためです。

    従業員の声や現場の状況を無視して計画だけを策定するだけでは、従業員から理解を得らず、モチベーションも低下してしまうでしょう。そのため、従業員の声に耳を傾け、現場の状況にも配慮したうえで計画を立て、情報を共有することが大切といえます。

    優先順位の明確化

    中期経営計画を作る際は、施策の優先順位をつけることが大切です。トラブルや想定外の問題が発生することも踏まえると、計画に盛り込んだすべての施策を計画通りに実行できるとは限りません。

    従業員の混乱を防いで落ち着いて施策に取り組むためにも、施策やアクションプランについては、優先順位をつけるとよいでしょう。

    変化や状況に柔軟に対応する

    中期経営計画の作成後、実行する中で計画通りに進まないこともあるでしょう。「スムーズに施策が進まなかった」「想定外のトラブルが起きた」など、さまざまな可能性があります。

    そのため、どのような場合でも変化や状況に応じて柔軟な対応ができるようにしておくことが大切です。定期的な効果測定や今後の見通しを予測しながら進め、場合によっては策定した中期経営計画を修正することも重要です。

    最初に立てた計画だからといって、修正や調整を行わずに無理に進めると、問題が大きくなり、従業員に負担をかけすぎてしまい、結果的にモチベーション低下を招いてしまうかもしれません。あらかじめ変化や状況が変わることもあるという点を念頭に置いて、計画を策定し、進めていきましょう。

    矛盾点がないか考える

    中期経営計画を作成する際は、計画の中に矛盾点がないかどうかを確認するようにしましょう。たとえば、現時点で1日の集客数が20人であるのに、中期経営計画の中では目標達成するために1日100人集客しなければならない目標を達成できないなどです。計画を実行するうえで、最初からこのような矛盾が生じている場合、計画を遂行できません。

    現状を踏まえて現実的に計画を立てることも重要です。過度に高い目標や到底達成できないような計画を立ててしまっていないかを必ず確認しましょう。

    評価制度への反映

    中期経営計画では、評価制度へ反映することも大切なポイントです。従業員が会社の目標を自分事として捉えるためには、評価や処遇に反映されることも必要でしょう。

    中期経営計画の内容から従業員一人ひとりが取るべき行動や数字を目標として設定し、評価制度へ反映すると、従業員に自覚が芽生え、モチベーションも向上しやすくなるはずです。

    中期経営計画で重要な予材管理

    中期経営計画を実行するうえで、大切なマネジメント方法が正しい予材管理です。

    予材とは、将来的な売上につなげるためにあらかじめ仕込んでおく材料です。予材管理は予材を管理したうえで営業活動を行い、目標達成を目指す営業マネジメント手法です。あらかじめ予材である営業材料(過去実績や今の案件、未来の売上になる材料)を2倍に設定して、目標達成できる状況を作ることが予材管理のポイントです。

    予材を設定せずに目標ギリギリのラインで営業活動を行っていると、商談が失敗した場合、目標未達成となってしまいます。これが毎月続くと、どんどん負担が重くなってしまうでしょう。あらかじめ予材を仕込んでおくと、余裕を持って営業活動が行えるため、目標を達成しやすくなるという方法です。

    予材管理の例

    たとえば「売上1億の会社を5年後に3億にする」というビジョンを立てたら、目標達成するには予材管理として6億円の予材投入が必要だとします。6億円の営業材料を投入するためには、過去の営業実績や現在持っている案件だけでなく、マーケティングによる市場分析や人材確保、人材育成にも取り組まなければなりません。

    そのために必要なことを具体的に抽出し、適切なマーケティング施策を検討したり、人材施策を実行したりする必要があるでしょう。

    中期経営計画を遂行するために

    中期経営計画を遂行するために大切なことは、計画作成後の取り組みです。計画を立てて満足するのではなく、各部署や従業員レベルにまで落とし込み、全社員が理解したうえで進めていく必要があります。

    特に一般の従業員が中期経営計画を意識して行動できるようになるためには、中期経営計画の理解と自部署やチームの役割、さらに自分の具体的な目標や行動を理解しなければなりません。管理職やリーダー層ではない、一般従業員がどれくらい中期経営計画を理解して自分にかかわることとして捉えられるかが重要といえるでしょう。

    中期経営計画の実行はタレントマネジメントシステムも有効

    中期経営計画を計画し実行するには、内部環境を把握しなければなりません。また、計画や目標を達成するために、従業員一人ひとりが成長し、スキルレベルを向上させていく必要があるでしょう。

    そこで役立つのが、タレントマネジメントシステムです。タレントマネジメントシステムは、従業員データをシステム上で管理しながら、スキル管理や人材育成など、人事施策の実行に役立つ機能が搭載されています。従業員の状況を把握したり、人材育成にも活用できるでしょう。

    One人事[タレントマネジメント]でスキル管理や人材育成をサポート

    タレントマネジメントシステムのOne人事[タレントマネジメント]は、従業員一人ひとりの情報を一元管理して人材データの把握やスキル管理をサポートします。データを活用して自社の人材課題も分析できるため、必要な人材育成施策や適材適所の人材配置に効果的な人材配置にお役立ていただけます。

    中期経営計画を作る際だけでなく、作成後にの効果検証にも使えるため、企業の持続的な成長を目指して検討してみてはいかがでしょうか。

    One人事」は人事労務をワンストップで支えるクラウドサービスです。人事労務情報の集約からペーパーレス化まで、一気通貫でご支援いたします。電子申請や年末調整、マイナンバー管理など幅広い業務の効率化を助け、担当者の手間を軽減。費用や気になる使い心地について、お気軽にご相談いただけますので、まずは当サイトよりお問い合わせください。  

    当サイトでは、サービス紹介資料はもちろん、無料のお役立ち資料をダウンロードいただけます。業務効率化のヒントに、こちらもお気軽にお申し込みください。

    まとめ

    中期経営計画は、会社の中期的な会社の計画をまとめたものです。長期的に安定した経営を続けるためには、中期経営計画の実行と達成が重要になってくるでしょう。

    中期経営計画の作成をスムーズに進めるためには、正しい手順や分析方法を理解しておくことが重要です。本記事でご紹介した中期経営計画の作り方の手順やSWOT分析を参考にしながら、計画を策定してみてはいかがでしょうか。