One人事

オペレーションとは? 意味や使い方、改善方法も解説

オペレーションにはさまざまな意味があり、ビジネスシーンでは「業務プロセスを進めること」や「目標達成のための計画や戦略に基づいた一連の業務活動」の意味で使われます。業界によって使い方や意味が異なるため、正しく理解することが大切です。

オペレーションを改善することで、業務効率化が進み、企業の生産性や成果が向上します。

本記事では、オペレーションの意味を解説し、業界別の例やオペレーションの改善についても紹介します。経営層や人事担当者はもちろん、部門ごとの管理者や責任者も、ぜひ参考にしてください。


※本記事の内容は作成日現在のものであり、法令の改正等により、紹介内容が変更されている場合がございます。

オペレーションとは? 意味や使い方、改善方法も解説
目次アイコン 目次

    オペレーションの意味

    オペレーション(operation)とは、日本語で「操作」や「運転」「手術」などの意味を持つ言葉です。

    一般的にビジネスシーンでは、業務を進めるための活動やマニュアルに沿った作業など、製品やサービスを生産・販売するために行う業務を指します。

    ビジネスシーンにおいてオペレーションは、以下のような使い方をします。

    • 計画通りにオペレーションが実行された
    • オペレーションに問題が生じたため、進捗に遅延が出るだろう
    • オペレーションを見直し、業務効率化を進めたい

    オペレーションの種類

    オペレーションの種類には、以下のような種類があります。

    オペレーションの種類概要
    製造オペレーション製品を製造するための活動や工程
    販売オペレーション製品やサービスを販売するための活動
    サービスオペレーションサービスを提供するための活動や工程
    管理オペレーション企業運営に必要な活動

    このように、オペレーションは企業が行う幅広い活動を指しています。

    オペレーションの類語

    ビジネスシーンにおけるオペレーションの類語とその意味や使い方を一覧で紹介します。

    単語意味使い方の例
    オペレーション操作や作戦、業務プロセスビジネスでは、業務の管理・進行・オペレーションを見直す・オペレーションを改善する
    マネジメント経営資源や業務などの管理・マネジメントを行う・リスクマネジメント
    ディレクション制作指導や進行管理・ディレクションする・ディレクション業務
    コントロール操作や制御、調整・業務量をコントロールする・マネジメントコントロール
    ハンドリング組織における管理や指揮・適切にハンドリングする・部下にハンドリングを任せる

    特に「コントロール」は、同じような意味合いで使われるため、文脈によってオペレーションに言い換えられる場合もあります。それぞれの言葉の意味や使い方を正しく理解しましょう。

    業界別「オペレーション」の意味や使い方

    オペレーションの意味は、業界によって異なります。業界別にオペレーションの言葉の意味や使い方を解説します。

    業種具体例対応するオペレーションの種類
    製造業生産管理や品質管理、商品の配送 など製造オペレーション、在庫オペレーション、品質オペレーション、サプライチェーンオペレーション
    小売業商品管理や販促活動、店舗運営、カスタマーセンターの運営 など販売オペレーション、サービスオペレーション
    建設業機械の操作や運転、設計・製図ソフトの操作 など製造オペレーション、重機オペレーション
    IT業ソフトやシステムの開発や操作、サーバー管理 などサービスオペレーション、管理オペレーション
    ヘルスケア業診察フローや患者データ管理、予約システムの運用 などサービスオペレーション
    飲食業メニュー開発やマニュアル作成、シフト管理、在庫管理 など製造オペレーション、在庫オペレーション、サービスオペレーション

    製造業

    製造業界におけるオペレーションは、製品を生産するために必要な活動のことです。製品の生産管理や品質管理など、製品の製造から供給までの過程を管理するサプライチェーンオペレーションなどが挙げられます。

    小売業

    小売業界におけるオペレーションは、商品管理や販促活動、店舗運営などに必要な活動のことです。顧客サービスオペレーションとして、カスタマーセンターの運営やアフターサポートなども含まれます。

    建設業

    建設業におけるオペレーションは、一般的には機械の操作や運転をすることです。また、重機オペレーションのほか、建築物の設計や製図に使用するソフト「CAD(Computer Aided Design)」の操作をあらわす場合もあります。

    IT業

    IT業におけるオペレーションは、ソフトやシステムなどの開発や操作全般をあらわします。また、情報システムの運用に必要なサーバー管理やセキュリティ対策など、一連の管理や活動をあらわす場合もあります。

    ヘルスケア業界

    ヘルスケア業界におけるオペレーションは、診療フローの効率化や患者データ管理、予約システムの運用などです。また、医療品の管理という意味合いでも使われます。

    飲食業

    飲食業界におけるオペレーションとは、メニュー開発やマニュアル作成、シフト管理など、店舗運営にかかわるさまざまな仕組みや手順です。また、メニューに必要な食材の調達から在庫管理までのサプライチェーンをあらわすこともあります。

    オペレーションマネジメントとは

    オペレーションマネジメントとは、業務プロセスを管理するマネジメント手法で、オペレーション改善を目的として行われます。

    オペレーションマネジメントを適切に行うことで、業務改善や効率化が進み、経営資源の有効活用ができるため、企業全体の成果創出や目標達成につながるでしょう。

    オペレーションの分野

    オペレーションマネジメントは、各分野のオペレーションとの連携が大切です。各オペレーションが連携することで、全体的な効率が上がり、一貫性のあるオペレーションマネジメントが進められます。

    各分野のオペレーションは、以下の通りです。

    オペレーションの分野内容
    生産オペレーション・商品の企画から仕入れ、製造、検品までの業務
    ・生産計画の策定や製造過程の効率化など
    ・保全オペレーションや品質オペレーションとも連携
    保全オペレーション・設備の保守や整備による稼働率の最大化(停止時間の最小化)
    ・生産オペレーションや品質オペレーションとも連携
    品質オペレーション・製品が品質基準を満たせるよう、検査や確認、テストを実施
    ・品質保持によって、良質な製品の提供や顧客からの信頼性を維持
    在庫オペレーション・在庫管理を適切に行い、在庫の過不足を防止
    ・適切な在庫管理により、管理コストや受発注工数を削減・生産オペレーションや品質オペレーションとも連携

    オペレーションマネジメントの手順

    オペレーションマネジメントの、おおまかな手順は以下の通りです。

    手順具体的な内容手法・ツール例
    1.プランニング・具体的な計画と目指したい方向性を明確化・課題に取り組む優先度を決定PDCAサイクル、リーン生産方式、シックスシグマ
    2.オペレーションの見直しと改善・各分野のオペレーションをさらに細分化し、改善点を模索業務プロセスモデリングツール(BPMNなど)
    3.データ分析・各オペレーションにおいて収集したデータから分析・発見した課題や注意点を踏まえ、今後の施策に活用KPIダッシュボード、BIツール
    4.分析結果から改善・分析結果から検討した改善策の実行・マネジメント担当者は、現場の従業員に周知と説明を実施プロジェクト管理ツール、コミュニケーションツール

    オペレーションを改善する重要性

    オペレーションとは? 意味や使い方、改善方法も解説

    オペレーションの改善は、組織の成長や競争上の優位性確保において重要です。

    業務フローを見直して改善することで、業務効率化が進みます。効率化が進めば、サービスの質を向上させるために、製品や時間や人的リソースを確保して有効活用できるため、生産性が向上するでしょう。

    その結果、競合他社よりも優れた製品や顧客に信頼されるサービスとして認知されやすくなり、市場における優位性の確立につながります。

    オペレーションの改善活動は、業務フローの見直しや課題の発見につながります。改善を続けることで、継続的に成果を生み出せるため、企業の成長にも貢献できるでしょう。

    オペレーションを改善するメリット

    オペレーションの改善による具体的なメリットを紹介します。

    • 業務効率化や生産性の向上
    • コスト削減
    • 品質向上
    • 競争上の優位性
    • 顧客満足度の向上
    • 従業員のモチベーション向上

    業務効率化や生産性の向上

    オペレーションの改善によって、一つひとつの作業やフローを見直すことで、業務を効率化できます。業務を効率化できると、空いた時間や人的資源をほかの業務に充てられるため、生産性の向上が期待できます。

    コスト削減

    オペレーションを改善することで、業務にかかるコストを削減できます。在庫管理の最適化で無駄な管理コストを削減したり、人員の最適化によって人件費を減らしたりできるでしょう。

    品質向上

    オペレーションの改善によって、品質管理を強化できます。それにより、良質な製品やサービスを顧客に提供できるため、顧客満足度の向上や成果につながります。

    市場競争における優位性の確保

    オペレーションの改善は、市場競争において優位性を確立する手段となります。業務効率化が進むことで、人的リソースを最適化できるため、個々の専門性やモチベーションが高まり、製品やサービスの質も向上します。

    また、在庫管理や予算配分を見直して、無駄なコストを削減し、商品やサービスの提供価格に反映させることで、競合製品との差別化をはかれるでしょう。

    顧客満足度の向上

    オペレーションの改善により、納期の厳守や品質向上が実現すると、顧客からの信頼度が高まります。また、カスタマーサポートの自動化による迅速な問い合わせ対応や在庫管理の最適化による欠品防止など、アフターケアやサポート対応も改善されることで、顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

    従業員のモチベーション向上

    オペレーションを改善すると、従業員のモチベーションも高められる可能性があります。職場環境の改善や業務効率化が実現すると、従業員一人ひとりが仕事をよりスムーズに進められるためです。

    従業員のモチベーション向上は、従業員の主体性や個人の生産性を高められるため、全体の成果によい影響がもたらされるでしょう。

    オペレーションを改善する際のポイント

    オペレーションを改善するために、特に取り組みたいポイントを紹介します。

    • デジタルツールを活用する
    • データを用いて分析する
    • 市場調査や顧客へのヒアリングを実施する

    デジタルツールを活用する

    オペレーションを改善するためには、デジタル技術の活用が効果的です。ツールやシステムを活用すれば、専門知識がなくても業務の自動化や効率化が進み、生産性向上も期待できます。

    たとえば、マニュアルやWebサイトデザインの作成を自動化するツールや社内に散らばっている従業員情報を一元管理するツールがあります。

    データを用いて分析する

    オペレーション改善には、データを収集し分析することも必要です。過去のデータを用いて分析することで、客観的な根拠に基づいた改善案を検討できます。

    また、各オペレーションにかかる時間やコスト、工数などを数値化することで、ボトルネックを特定しやすくなったり、改善の優先順位をつけやすくなったりします。

    オペレーションに関するデータ分析は、勘や経験に頼らない客観的な根拠となるため、経営層の意思決定にも役立つでしょう。

    市場調査や顧客へのヒアリングを行う

    オペレーションを改善するためには、市場調査や顧客へのヒアリングも大切です。適切な市場調査の実施によって、需要に応じた製品やサービスの提供ができるため、オペレーションの改善効果を得やすくなるでしょう。

    また、顧客の意見を製品に反映させられると、顧客満足度の向上にもつながります。

    まとめ

    ビジネスにおいて、オペレーションは業務プロセスの進行やマニュアルに沿った作業という意味で使われます。

    オペレーションは、業界によって異なるニュアンスで使われるため、自社におけるオペレーションは何なのかを正しく理解しておくことが大切です。

    オペレーションを改善するメリットは多くあり、特に生産性の向上や市場競争における優位性確保の実現により、企業成長につながることが大きなメリットといえるでしょう。

    業務フローに問題を感じている企業や、さらなる効率化による生産性の向上を実現したい企業は、オペレーションマネジメントに取り組んでみてはいかがでしょうか。

    人事労務のオペレーション課題を解決するには?

    人事労務のオペレーション課題を解決するには、デジタルツールの活用がポイントです。勤怠管理システムや給与計算ソフトなどを活用することで、手作業によるミスを減らし、業務効率の向上が実現します。

    また、人材データの収集・分析と活用も重要です。個々の労働時間や休暇取得状況などのデータを分析することで、業務のボトルネックや改善点を特定しやすくなり、具体的な改善策を立案できるでしょう。

    過去の評価履歴・目標達成歴などマネジメント情報と組み合わせて分析すると、人事労務を今まで以上に広範囲で可視化することができ、これからの経営の意思決定にも役立ちます。

    人事労務のオペレーション改善をサポート「One人事」

    One人事」は、人事労務をワンストップで支えるクラウドサービスです。労務・勤怠・給与からタレントマネジメントまで、分散する人材情報を集約し、転記ミスや最新データ紛失などのリスクを軽減することで、経営者や担当者が「本来やりたい業務」に集中できるようにサポートいたします。

    「One人事」の初期費用や気になる操作性については、当サイトより、お気軽にご相談ください。専門スタッフが、自社の課題をていねいにヒアリングしたうえでご案内いたします。

    当サイトでは、人事労務の効率化に役立つ資料を無料でダウンロードしていただけます。入社から退社まで人の情報管理をシームレスに行いたい企業の担当者は、お気軽にお申し込みください。