One人事

トレードオフとは?意味や各分野における具体例、適切な活用方法を解説

Aを選択して得られる利益のためにBを犠牲にすることを「トレードオフ」と呼びます。ビジネスシーンでは、2つの作業を同時に行うときや1つのことに集中すべきときがあるでしょう。ある局面で直面する選択は複数ありますが、実際に選択できる決断は1つです。一度、選択肢Aを選んだあとで、選択肢Bに変更すると遅い場合があります。

当記事では、ビジネスシーンにおけるトレードオフの意味や具体例、適切な活用方法を解説します。

トレードオフとは?意味や各分野における具体例、適切な活用方法を解説
目次アイコン 目次

    トレードオフとは?

    「トレードオフ」は、1つの選択をすることで得られる利益と、それを選択しなかった場合に失われる損失との間のジレンマを指す経済学用語です。あるリソースや選択を最適化するためには、ほかの何かを犠牲にしなければならないという考え方といえます。

    トレードオフは、ある選択を追求することで、ほかの選択を放棄する必要が生じる状況を指します。私たちが有限のリソースや時間を持っているために起こる現象です。

    たとえば、ある商品を購入するためには、その商品の価格と同じ価値のほかの商品を購入する機会を失うことになります。また、ある活動に時間を費やすと、ほかの活動にその時間を使えません。

    このようにトレードオフは、日常生活の中で常に存在し、何かを選択するためには何かを犠牲にする必要があるという事実を示しています。

    トレードオフの語源

    トレードは「交換する」「引き取る」という意味があり、オフには「取り去る」や「引き離す」という意味があります。つまり、「取引をやめる=利益を取りにいかない(利益を犠牲にする)」という考え方から派生して、トレードオフ=「1つの選択を取ることで犠牲になるもの」を意味するようになったといわれています。

    トレードオフの具体例

    トレードオフは日常生活ではあまり耳馴染みのない単語かもしれませんが、ビジネスや経済学、生物学では多様な機会で使用されています。

    経済学におけるトレードオフ

    経済学におけるトレードオフの具体例は次の通りです。

    株式投資(リスクvs.リターン)

    リスクをとって大きなリターンを目指すか、堅実な戦略で安定的に利益を目指すかで揺れ動く状況は、トレードオフに該当します。投資家は、市場のトレンドや流行りの株に投資して、リスクをともないながら大きなリターンを目指す一方で、割安な株に投資する戦略をとると、安定しているものの、大きな利益を逃す可能性があります。

    ビジネスにおけるトレードオフ

    ビジネスにおけるトレードオフは、さまざまな選択肢や戦略の間で、総合的な観点からもっとも最適な決定を下すために必要です。企業はトレードオフの状態を適切に評価しなければなりません。ビジネスにおけるトレードオフの具体例をご紹介します。

    コスト vs. 品質

    低コストでの生産を追求すると、製品の品質が低下する可能性があります。反対に、高品質の製品にこだわると、生産コストが増加するか、販売価格を上げる必要が生じるかもしれません。

    短期的利益 vs. 長期的利益

    短期的な利益を追求する戦略を採用すると、長期的な成長やブランドの価値を犠牲にする可能性が考えられます。たとえば、コスト削減のための大量解雇は短期的な利益をもたらすかもしれませんが、社員のモチベーションを下げ、組織に蓄積したノウハウを失う恐れがあります。

    ローカル vs. グローバル

    企業がローカル市場に注力すると、グローバル市場で闘える競争力を高められません。反対にグローバル展開を積極的に行うと、地域市場でのニーズを取りこぼす可能性があります。

    イノベーション vs. 現状維持

    新しい技術や製品の開発を追求しすぎると、既存の製品ラインや顧客層に対する投資やリソースを削らないといけなくなるかもしれません。一方で現状の製品やサービスに注力しすぎると、市場の変化を見逃し、新技術の導入が遅れてしまうでしょう。

    収益成長 vs. 利益率

    売上を増やすためには、価格を引き下げたり、プロモーションをしたりする必要があります。しかし、これにより利益率が低下する可能性がある一方、利益率を最大化するためには、価格を高く保つことが考えられるが、これにより売上の伸びが鈍る懸念が生じます。

    生物学におけるトレードオフ

    生物の進化や生態系におけるトレードオフの具体例をご紹介します。

    生存 vs. 繁殖

    生物は、みずからの生存のためのリソースを確保することと、繁殖のためのリソースを確保することの間でトレードオフを経験することがあります。たとえば鳥は、ふ化のために巣に長時間とどまることで、食物を探しに行く時間を削っています。

    繁殖回数 vs. 一回あたりの繁殖成功率

    ある生物は、多くの子孫を一度に産みますが、それぞれの生存確率は低いです。一方で、少数の子孫をより丁寧に育てる生物もいます。たとえば、ウミガメは一度に多くの卵を産みますが、その多くは天敵に捕食されてしまいます。反対にヒトやゾウのような大型哺乳動物は、一度に1〜2頭の子孫を産むことが多く、子を長時間かけて育てます。

    速度 vs. 耐久性

    速く移動する能力と、長時間活動を続ける耐久性との間にはトレードオフが存在することが多いです。チーターは短時間で非常に速く走れますが、長時間の持続的な活動には向いていません。対照的に、カバやゾウなどの動物は低速で移動し、長時間にわたって活動できます。

    防御 vs. 生殖

    みずからを守るための機能と繁殖のための機能との間でトレードオフを経験することもあります。たとえば、トゲを持つカクタスは、防御のためのリソースを多く割り当てるため、ほかの植物に比べて花の大きさや数が少ないです。

    生物学におけるトレードオフは、生物が生存と繁殖を最適化するための進化の結果としてあらわれています。生物は、それぞれの環境や生態系における条件に応じて、もっとも適切な戦略を選択し、トレードオフを経験しながら生存と繁殖を続けているのです。

    日常生活におけるトレードオフ

    日常生活においても、さまざまな面でトレードオフの状況は存在します。具体例は次の通りです。

    時間 vs. お金

    自炊をすると食費を節約できますが、外食やデリバリーを利用すると時間を節約できるという考えがトレードオフに該当します。自分の時間の価値をしっかりと理解し、どれだけの時間や労力を節約できるのか、また代わりにいくらのコストがかかるのかを考慮して、最適な選択を行うといいでしょう。

    健康 vs. 楽しみ

    高カロリーなデザートを食べると、一時的な楽しみを得られますが、健康や体重管理にはよくないかもしれないという考えもトレードオフに該当します。デザートは適度な量と頻度で楽しみ、同時に健康を維持するための運動やバランスのよい食事も心掛けるといいでしょう

    短期的な満足 vs. 長期的な目標

    セールでの衝動買いは短期的な満足を得られますが、長期的な貯蓄には影響するという考えもトレードオフに該当します。衝動買いを避けるためにショッピングリストを作成する、または「買う前に24時間考える」ルールを設けるなどして、自分の本当に必要なものをしっかりと見極めるという対処法をとるといいでしょう。

    自分の時間 vs. 他者との関係

    趣味や自分のための時間を確保することは大切ですが、家族や友人との関係を維持するための時間も必要であるという考えもトレードオフに該当します。自分の時間と他者との時間をバランスよく配分するためのスケジュールを作成したり、質の高い時間を過ごすために工夫をしたりするといいでしょう。

    トレードオフに関連する用語・概念

    トレードオフに関連する用語や概念として、最善の選択に必要な判断要素をご紹介します。

    機会費用(Opportunity Cost)

    機会費用とは、ある特定の選択を行うことによって放棄される次善の選択肢の価値を指します。言い換えると、何かを選択・行動することで得られなかった利益や価値です。

    新規プロジェクトへの資金確保と余暇の過ごし方を例に、機会費用の例を2つ挙げます。

    企業が新しいプロジェクトを立ち上げる際の資金を確保するため、別の既存のプロジェクトの予算を削減することを検討していると仮定します。新しいプロジェクトに資金を投じることで得られる利益や成果は明確かもしれませんが、既存のプロジェクトの予算を削減することで得られなくなる潜在的な利益や拡大の可能性が機会費用です。

    週末に友人との旅行と自宅での勉強のどちらを選択するか迷っていると仮定します。旅行を選択すると楽しい時間を過ごせますが、その間に勉強ができない時間が生じます。このとき旅行を選択することの機会費用は、その期間に得られるはずだった勉強の効果や成果です。

    生産可能性フロンティア (PPF: Production Possibility Frontier)

    生産可能性フロンティア(PPF)は、ある2つの商品を生産する際の最大生産量の組みあわせを示す曲線や境界線です。このフロンティア上の任意の点は、その時点でのリソースを最大限に活用して生産される商品の組みあわせを示しています。

    PPFは、ある商品Aの生産量を増やすために、もう1つの商品Bの生産量を減少させる必要があるというトレードオフの関係を明確にします。この境界線の傾斜は、一方の商品の生産量を増やすために犠牲にするもう1つの商品の生産量を示す機会費用のレートです。

    トレードオフとは?意味や各分野における具体例、適切な活用方法を解説

    PPFを通じて、限られたリソースや技術のもとでの最適な選択をどのように行うか、そしてその選択によって生じるコストや利益は何かを考察します。トレードオフは、そのような選択の背後にある犠牲や放棄されるものとの関係を指す言葉として経済学で広く用いられています。

    規模の経済 (Economies of Scale)

    規模の経済とは、生産やサービスの提供量が増加するにつれて、単位あたりのコストが低下する現象を指します。生産量が増加することで固定コストがより多くの製品に分散され、効率的な生産プロセスや購買力の増加により費用変動も削減されるために発生します。

    たとえば、工場や設備のような高額な固定コストが発生する場合、大量の製品を生産することで、コストを各製品に分散させられるため、単位あたりのコストを低減できます。

    コストの低下は、新技術や新機械の導入を経済的に可能とし、労働者や機械の専門化を促進するため、生産性が向上します。同時に生産プロセスの改善や最適化もできます。さらに大量の原材料や部品を購入する場合、単位あたりの価格で割引を受けられる機会も増えるでしょう。

    規模の経済は、生産量やサービスの提供規模とコストの間のトレードオフの一形態です。特に、小規模での生産やサービス提供が高い単位あたりのコストをもたらすのに対し、大規模での運営はそれを低減させる効果を持ちます。

    ただし、無限に規模を拡大していけばコストが下がり続けるわけではありません。ある点を超えると「規模の不経済」が発生し、単位あたりのコストが逆に増加することがあります。組織の複雑性が増すことによるコミュニケーションの困難や、管理の非効率化などが原因として挙げられます。

    したがって、企業や組織は、規模の経済を最大限に利用しつつ、規模の不経済を避けるような適切な規模を追求する必要があります。

    範囲の経済 (Economies of Scope)

    範囲の経済とは、複数の商品やサービスを同時にまたは連携して生産・提供することで、それらを個別に生産・提供するよりも低い合計コストで提供できる現象を指します。複数の商品やサービスが同じ設備や労働を共有することで、それぞれの商品やサービスの単位あたりのコストを低減できます。

    一部の生産工程や活動が異なる商品間で共有できると、全体の効率が向上するでしょう。

    1つのブランドや販売チャネルを通じて、複数の商品やサービスを市場に提供することで、広告や販売の効率の向上も期待できます。複数の商品やサービスを提供することで、特定の市場や製品の不振に対するリスクも分散させられるでしょう。

    範囲の経済は、商品やサービスの多様性とコストとの間のトレードオフを考える際の重要な概念です。特定のリソースや設備を共有することでコストを削減する一方、あまりに多岐にわたる商品やサービスを提供しすぎると、その管理や品質の維持が難しくなることもあります。商品やサービスの多様性を追求することと、効率的な運営を維持することとの間にはトレードオフが存在します。

    たとえば、大手企業が多様な商品ラインナップを持つことで市場シェアを維持している一方、あまりに多くの商品を持ちすぎると、その各々の商品の品質管理やブランド戦略が難しくなるリスクがあります。範囲の経済を最大限に活用しつつ、その効果とトレードオフを適切に評価し、適切な商品やサービスの範囲を選択することが重要です。

    リスクとリターン

    リスクとリターンの関係性は、金融やビジネスの世界で中心的な概念の一つです。基本的に、高いリターン(利益や収益)を追求する場合、それにともなうリスク(損失の可能性や変動の大きさ)も高くなるとされています。

    リスクとは、投資やビジネス活動において、将来の収益が期待通りにならない可能性です。損失のリスクや収益の変動リスクなども含まれます。

    リターンとは、投資やビジネス活動から得られる収益や利益です。利息や配当、資本利得という形で還元されます。高いリターンを追求すると、リスクが発生する可能性も高まります。

    高いリターンを追求することは魅力的ですが、高いリスクがともないます。反対に低リスクを選択をすると、リターンもそれに応じて低くなることが多くなるでしょう。投資家や経営者は、リスクとリターンのトレードオフを適切に評価し、みずからのリスク許容度や目標にあわせて最適な選択をします。

    たとえば、退職を控えた年配の投資家は、リスクを低く抑えた安定した投資を選ぶことが多くなります。一方、若い投資家やスタートアップ企業は、高いリターンを狙い、それにともなうリスクを受け入れることが多いでしょう。

    外部性

    外部性とは、ある経済主体の行為や選択が、その主体に関与せずに第三者の利益や損失に影響を及ぼす現象を指します。外部性には「正の外部性」と「負の外部性」があります。

    正の外部性は、ある経済主体の行動が、第三者にとって利益をもたらす場合、負の外部性は、ある経済主体の行動が、第三者にもたらす損失を指します。

    正の外部性負の外部性
    Aさんが自宅の庭を美しく手入れすると、隣のBさんの家の価値が上がる。工場が川に排水を流すと、下流に住む人が清潔な水を得られなくなる。
    影響市場に任せると社会的に望ましい量より少なく供給され続けるため、最適な水準よりも低い水準で生産・消費が行われる傾向に傾く水の安全性が脅かされ、工場も営業停止になります。長く続くと、インフラや仕事にも悪影響を及ぼす。

    外部性が存在する場合、個別の経済主体の最適な選択と、社会全体としての最適な選択との間にトレードオフが生じることがあります。

    たとえば、工場はコスト削減のために排水を川に放出するかもしれませんが、それによって社会全体の福祉は低下する可能性があります。

    このようなトレードオフを解決するために、政府が介入して税や補助金、規制などの政策を導入することが考えられます。

    トレードオフを正しく理解し、適切に活用する方法

    最善の判断を下すにはトレードオフの本質を正しく理解し、適切な評価と意思決定、各所とのコミュニケーション、リスク管理、見直しまでを徹底することが重要です。

    状況に応じたトレードオフの識別

    トレードオフは日常のあらゆる場面に存在し、個人や会社にとって最善の選択をするには、識別が必要です。トレードオフの識別の手順は以下の通りです。

    目的の明確化

    まず、達成したい目的や目標を明確にします。企業で新製品を開発する予定があるなら、目的を「新しい市場を開拓する」「既存の市場でのシェアを増加させる」などとします。

    リソースの確認

    次に、限られたリソース(時間、お金、労働力など)を確認します。たとえば家計なら、月々の収入や貯金を考慮して、どれだけの支出が可能かを計算します。

    選択肢のリストアップ

    目的を達成するためのさまざまな方法や手段をリストアップします。たとえば企業が新たな広告戦略を考える場合、テレビCM、オンライン広告、紙媒体などの選択肢をリスト化します。

    各選択肢のコストと利益の評価

    各選択肢にかかるコストと、それによって得られる利益を評価します。たとえば新しい趣味をはじめる際、その趣味に必要な初期投資や維持費、そして得られる楽しさや満足度を比較します。

    選択肢間でのトレードオフの評価

    ある選択肢を採用することで放棄するものを評価します。たとえば企業が新たな事業展開を考える際、それに投じる資金によって放棄するほかの投資機会を評価します。

    外部の意見やフィードバックの収集

    他者の視点や意見を取り入れて、自分自身が見落としているトレードオフを発見します。

    たとえばビジネスで新サービスを開始する際、顧客や業界の専門家からのフィードバックを集めて、サービスの利点と欠点を正確に理解します。

    トレードオフの評価と分析

    トレードオフを識別したら、フレームワークに沿って評価と分析を行います。評価や分析の方法、手順は次の通りです。

    コストベネフィット分析

    各選択肢のコスト(直接的な費用、時間、リソースなど)と利益(得られる収益、効果、満足度など)を評価します。分析により、選択肢のコスト対効果を理解できます。

    リスク評価

    選択肢がもたらす可能性のあるリスクを評価します。リスクは、期待される結果が実現しない可能性や、予期しない副作用を含むことがあります。

    シナリオ分析

    さまざまな状況や結果を考慮して、各選択肢の結果をシミュレーションします。これにより、不確実性を考慮したうえで最良の選択ができます。

    優先順位の設定

    複数の目標や基準が存在する場合、優先順位を設定します。

    意思決定行列の使用

    選択肢と評価基準を行列にまとめ、各選択肢の強みや弱みを視覚的に比較できます。

    フィードバックの収集

    他者の意見や視点を取り入れて、選択肢の評価を再確認します。外部の視点は、見落としていたトレードオフの特定につながる場合があります。

    トレードオフを意識した意思決定

    最後にトレードオフの識別と評価・分析を踏まえて、意思決定を行います。

    再検証

    選択肢を絞り、それに関連するデータや過去のケーススタディをもとにその選択の妥当性を再確認します。

    決定と実行

    最終的に、すべての情報と評価をもとに最適な選択を決定し、意思決定に移します。

    トレードオフに関するコミュニケーション

    他者とのコミュニケーションにおいてトレードオフを明確に伝えることは、共通の理解を得るために不可欠です。特に交渉やチームでの意思決定の際、トレードオフに関する伝達は、合意形成の基盤になるでしょう。明確な伝達に必要なコミュニケーションのポイントは次の通りです。

    明確性

    トレードオフの内容を明確かつ具体的に伝えることで、誤解や不明確な点を減少させます。

    たとえば「Aを選択すると、Bの資源を20%削減する必要があります」というような明確な表現を使用します。

    可視化

    グラフやチャートを使用して、トレードオフを視覚的に示すことで、相手が内容を理解しやすくなります。

    共感の表現

    相手の視点や懸念に共感することで、トレードオフの受け入れや理解を促進します。

    具体的な事例の提示

    似たような状況での以前の結果や、ほかのケーススタディを引用することで、選択肢の説得力が増します。

    優先順位の明示

    どの要素が最も重要であるか、どの要素が犠牲になる可能性があるかを明確に伝えることで、合意形成をスムーズに進められます。

    フィードバックの受け入れ

    相手の意見やフィードバックを受け入れる姿勢を持ち、それに応じて説明や選択を調整することで、トレードオフに対する共通の理解を深めることができます。

    期限の設定

    トレードオフの選択に時間制限を設けることで、迅速な決定を促すことができます。ただし、十分な情報提供と議論の時間を確保することも重要です。それぞれのバランスを考えながら期限を決めましょう。

    思考の柔軟性

    柔軟性を持って異なる選択肢や提案に耳を傾けることが必要です。

    トレードオフのリスク管理

    トレードオフにおけるリスク管理は、特にビジネスシーンにおいて、最小限に抑えたいポイントといえます。以下の手順に沿って、起こりうるリスクを評価してみましょう。

    リスクの特定

    まず、ある選択をすることで生じる可能性のあるリスクを明確に特定します。これには、過去のデータ、専門家の意見、市場調査などが有効です。

    リスクの評価

    特定したリスクの発生確率と、そのリスクがもたらす損失の規模を評価します。この評価は、リスクの優先順位を決定するための基盤です。

    リスク対策の計画

    リスクの発生確率と影響の規模をもとに、優先順位をつけて対策を考え、計画を実行します。これにより、どのリスクに対してどう対処するか判断ができます。

    回避方法の検討

    リスクを完全に回避するための方法を検討します。たとえば、あるプロジェクトのリスクが高すぎると判断された場合、そのプロジェクトを中止する選択も考えられます。

    軽減策の模索

    リスクを回避することができない場合、そのリスクの影響を最小限に抑える手段を探します。これには、予備計画の策定やリソースの再配置などが考えられます。

    リスクの転嫁

    保険の加入や外部業者との契約などによって、リスクを第三者に転嫁することも考慮します。

    リスクの受容と対策

    あるリスクが受け入れ可能な範囲であると判断された場合、そのリスクを受容し、発生した場合の対応策を準備します。

    リスク管理計画の策定

    上記のステップを踏まえて、リスク管理計画を策定します。この計画は、リスクの発生時にどのように対応するかの手順や役割分担を明確にします。

    定期的なリスクの再評価

    環境や条件が変わることでリスクの状況も変わる可能性があるため、定期的にリスクの評価を更新し、必要に応じて管理計画を修正します。

    トレードオフの継続的な見直し

    状況が変化したり新しい情報を取得したりすると、トレードオフの評価は変わるため、継続的に見直し、更新しましょう。

    トレードオフを再評価するには、まず期間を決めます。毎四半期や半年に一度といった一定の間隔で、トレードオフの評価を見直す時間を設けましょう。市場調査、フィードバックの収集、業界のトレンド分析など、新しい情報を継続的に取得することが大切です。

    必要に応じて、トレードオフの評価軸も変えましょう。ビジネスシーンにおいては集客数や売り上げの増加という目的があります。目的に沿って軸を決めてください。

    更新された評価は社内のメンバーに伝え、トレードオフの新しい評価を基に、実際の行動や戦略を修正します。

    まとめ

    トレードオフとは、それぞれの選択肢が持つメリット・デメリットの評価やリスクヘッジに役立ちます。ビジネスシーンは選択の連続です。ビジネスパーソンに求められるのは、お客さまといい関係を築き、会社に利益をもたらすことです。

    1人ですべてを決めるのは重圧ですが、仕事はチームで進めるものです。同じ部署の同僚や上司と話し合いながら貴社にとって最善の選択を導き出してください。

    One人事」は、入社から退社まで、人事労務をワンストップで支えるクラウドサービスです。分散する人材情報を集約し、転記ミスや最新データの紛失など労務リスクを軽減することで、経営者や担当者が「本来やりたい業務」に集中できるようにサポートいたします。