One人事

DX化の成功事例とその推進方法。デジタルトランスフォーメーションが企業競争力を高める理由

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、競争力を高めるための重要な課題です。本記事ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の基本から導入事例について解説します。

DX化の成功事例とその推進方法。デジタルトランスフォーメーションが企業競争力を高める理由
目次アイコン 目次

    ​DX化は、IT化とは異なる概念であり、データおよびデジタル技術を活用しビジネスモデルや企業文化などを根本から変革していくことを示しています。

    目的は、業務のデジタル化ではなく、自社の既存のビジネスを変革させ、市場における競争力を維持し、発展していくことです。

    DX化の重要性は、ビジネス環境の変化や新型コロナウイルスによる事業環境の変化によって増しています。推進する理由は生産性と効率性の向上、新しい事業の創出、競争力の維持と向上といった要素があります。

    DX化を進めるためには、社内業務と人材の把握、データの有無や部署の設立、目的の確認、計画の定めと実施・改善・評価の繰り返しなどのポイントを押さえることが重要です。

    また、DX化の課題としては、レガシーシステムの老朽化と先端IT人材の不足が挙げられますが、DX人材の確保と新たな開発手法の導入により解決策を見つけることができます。

    1. DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か? 

    DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、競争力を高めるための重要な課題です。DXは「Digital Transformation」の略で、デジタル技術とデータを活用して企業の競争力を強化し、製品やサービス、ビジネスモデルを変革することを目指します。 

    DXは、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、競争力を高めるための重要な課題です。これは、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、競争力を高めるための重要な課題です。DXは「Digital Transformation」の略で、デジタル技術とデータを活用して企業の競争力を強化し、製品やサービス、ビジネスモデルを変革することを目指します。 

     1.1 DX化とIT化の違い 

    DX化とIT化は異なる概念です。IT化はデジタル化による業務や仕組みの変革を指し、DX化はIT技術を活用してビジネスモデルを変革する取り組みです。DXは、デジタル化・IT化とは異なる概念であり、データおよびデジタル技術を活用しビジネスモデルや企業文化などを根本から変革していくことを示しています。 

    IT化は、情報技術を活用して業務を効率化することを目指すもので、主に業務の自動化や効率化を目指しています。一方、DX化は、デジタル技術を活用してビジネスモデルそのものを変革することを目指しています。つまり、IT化は「業務の効率化」を、DX化は「ビジネスモデルの変革」を目指していると言えます。 

     1.2 DX化の目的と重要性 

    DX化の目的は、業務のデジタル化ではなく、自社の既存のビジネスを変革させ、市場における競争力を維持し、発展していくことです。DXの重要性は、ビジネス環境の変化や新型コロナウイルスによる事業環境の変化によって増しています。 

    DX化の目的は、単に業務をデジタル化することではなく、企業全体のビジネスモデルを変革し、市場における競争力を維持し、さらには発展させていくことにあります。これは、デジタル技術の進化とともに、ビジネス環境も大きく変化している現代において、企業が生き残るためには、単に業務を効率化するだけではなく、ビジネスモデルそのものを見直し、変革する必要があるからです。 

    また、DXの重要性は、新型コロナウイルスの影響により、リモートワークやオンラインビジネスが急速に普及した現在、ますます高まっています。これにより、企業はデジタル技術を活用してビジネスを進化させ、新たな価値を創造することが求められています。 

    2. DX化を推進する理由 

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、新たな価値を創出する取り組みを指します。その推進には、生産性と効率性の向上、新しい事業の創出、競争力の維持と向上といった理由があります。 

     2.1 生産性と効率性の向上 

    DX化を進める最大の理由として、生産性と効率性の向上が挙げられます。現代のビジネス環境は、競争が激化し、変化が激しいため、企業は常に効率的な業務遂行を求められています。デジタル化によって業務の効率化を図ることは、企業が競争力を維持するための重要な戦略となります。 

    DXによって企業の経営は、業務効率化や生産性の向上、売り上げの増大や収益アップなどの変化が期待できます。例えば、AIやロボットを活用した自動化により、人間が行っていた繰り返しの作業を機械が行うことで、人間の作業時間を大幅に削減し、生産性を向上させることが可能です。また、ビッグデータの活用により、顧客の購買行動や嗜好を分析し、より効果的なマーケティング戦略を立てることが可能となります。 

     2.2 新しい事業の創出 

    DX化は新しい事業の創出にもつながります。デジタル技術を活用して消費者の行動データを収集し、それに基づいたマーケティング施策を実行することが可能です。これにより、従来のビジネスモデルでは見えなかった新たなニーズを発見し、新しい商品やサービスを開発することが可能となります。 

    例えば、IoT技術を活用して商品の使用状況をリアルタイムで把握し、そのデータを基に新たなサービスを提供するといった事例があります。また、AIを活用したチャットボットによる顧客対応は、24時間365日の対応が可能となり、顧客満足度の向上につながります。 

     2.3 競争力の維持と向上 

    さらに、DXを取り入れることで市場競争力を高めることができます。新しいデジタル技術を活用した商品やサービスを提供することで、国内外の競争力を確保し、業務効率化や生産性向上にも寄与します。 

    デジタル技術の進化は、企業のビジネスモデルそのものを変革する力を持っています。例えば、クラウドサービスを活用することで、従来のオンプレミス型のシステムから脱却し、より柔軟でスケーラブルなシステムを構築することが可能となります。これにより、企業は新たなビジネスチャンスを捉え、競争優位性を確保することが可能となります。 

    以上のように、DX化を推進する理由は多岐にわたります。企業は、これらの理由を理解し、自社のビジネス環境に合わせたDX戦略を策定することが求められます。 

    3. DX化を進めるためのポイント 

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が競争力を維持し、さらには新たなビジネスチャンスを掴むために不可欠な取り組みとなっています。しかし、DXを進めるためには、一定のポイントを押さえることが重要です。以下では、そのポイントについて詳しく解説します。 

     3.1 社内業務と人材の把握 

    DX化を進めるための最初のステップは、現状の社内業務と人材の把握です。これは、DX化の方向性を定めるための基盤となる作業であり、無視することはできません。まず、社内の業務フローを詳細に把握し、どの部分がデジタル化によって効率化や自動化が可能かを見極めることが求められます。また、現在の人材がどのようなスキルを持っているのか、どのような役割を果たしているのかを理解することも重要です。これにより、DX化に必要な人材やスキルのギャップを明らかにし、適切な教育や採用計画を立てることが可能となります。 

     3.2 データの有無や部署の設立、目的の確認 

    次に、データの有無や部署の設立、目的の確認を行います。DXの実現に向けては、従来の業務をデジタル化し、デジタルデータをビジネスに活用することが重要です。そのためには、まず現状でどの程度のデータが存在し、それがどのように管理・活用されているのかを把握することが求められます。また、DXを推進するための専門部署を設立することも有効な手段です。この部署では、DXの目的を明確にし、その達成に向けた戦略を策定します。目的が明確であればあるほど、具体的な行動計画を立てやすくなり、結果的にDXの推進がスムーズに進むでしょう。 

     3.3 計画の定めと実施・改善・評価の繰り返し 

    そして、計画を定めて実施・改善・評価を繰り返し、最小単位から取り組んでいくことがポイントです。DXは一度に全てを変えるのではなく、小さな改善を積み重ねていくことで大きな成果を生むものです。そのため、具体的な計画を立て、その実施結果を評価し、必要に応じて改善を行うというPDCAサイクルを回すことが重要です。また、最小単位から取り組むことで、失敗した場合のリスクを最小限に抑えつつ、成功体験を積み重ねることができます。これにより、組織全体のDXへの理解と意識を高めることが可能となります。 

    4. DX化の課題と解決策 

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が競争力を維持し、成長を続けるために不可欠な取り組みとなっています。しかし、その推進には多くの課題が存在します。本章では、DX化の主な課題とそれらを解決するための具体的な手法について詳しく解説します。 

     4.1 レガシーシステムの老朽化と先端IT人材の不足 

    DX推進を成功させるためには、まず、DX人材の確保が必要です。ビジネスデザイナーやアーキテクト、データサイエンティストなどのスキルを持った人材が求められます。これらの人材は、新たなビジネスモデルの設計や、データを活用した意思決定、システムの設計といった、DX推進に不可欠な役割を果たします。 

    しかし、現状では、これらの先端IT人材が不足しているのが現実です。また、レガシーシステムの老朽化も大きな課題となっています。レガシーシステムとは、古い技術や設計に基づいて構築されたシステムのことを指し、これらのシステムは、新たな技術の導入やシステムの改修が困難であるため、DXの足かせとなります。 

     4.2 DX人材の確保と新たな開発手法の導入 

    先述の課題を解決するためには、DX人材の確保と新たな開発手法の導入が重要です。デジタル技術やデータ活用に精通した人材を確保するためには、社内での育成や外部パートナーの活用が必要です。社内での育成には、教育プログラムの導入や、実際のプロジェクトへの参加を通じたOJT(On the Job Training)が有効です。また、外部パートナーの活用には、専門的な知識やスキルを持つコンサルタントやIT企業との協業が考えられます。 

    新たな開発手法の導入とは、アジャイル開発やDevOpsといった、現代のIT開発における最先端の手法を取り入れることを指します。これらの手法は、開発プロセスを効率化し、より迅速にシステムを改善・進化させることを可能にします。 

     4.3 データの利活用と組織的なDX推進 

    データの利活用と組織的なDX推進も重要なポイントです。データの活用を行い、スピーディな意思決定を行うことが重要です。具体的には、ビッグデータの解析やAIの活用により、市場の動向や顧客のニーズを迅速に把握し、それに基づいた意思決定を行うことが求められます。 

    また、組織全体でのDX推進が必要です。これには、経営層から現場まで全員がDXの重要性を理解し、それぞれが自分の役割を果たすことが求められます。具体的には、経営層はDXのビジョンを明確に示し、それを実現するためのリソースを確保する役割を果たします。一方、現場では、そのビジョンに基づいた具体的な取り組みを行うことが求められます。 

    5. DX化の成功事例 

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業がビジネスプロセスをデジタル化し、生産性を向上させるための重要な戦略です。この章では、DX化の成功事例として、海外と日本国内の企業を取り上げます。 

     5.1 海外の成功事例:Zoom、LVMH、Figma、Autodesk 

    まずは海外の成功事例から見ていきましょう。Zoom、LVMH、Figma、Autodeskといった企業は、プロジェクト管理ツールのAsanaを活用することで、業務プロセスの改善や生産性の向上を実現しました。 

    Zoomは、ビデオ通信プラットフォームとして世界中で利用されています。彼らはAsanaを活用し、社内のコミュニケーションを効率化し、プロジェクトの進行状況を一元管理することで、業務の進行をスムーズにしました。 

    一方、LVMHは、世界最大のラグジュアリーブランドグループです。彼らはAsanaを導入することで、各ブランド間のコミュニケーションを強化し、新製品の開発やマーケティング活動を効率的に進めることができました。 

    FigmaとAutodeskは、デザインとエンジニアリングの分野で活躍する企業です。彼らはAsanaを活用し、チーム間のコラボレーションを強化し、プロジェクトの進行状況をリアルタイムで共有することで、生産性の向上を実現しました。 

     5.2 日本国内の成功事例:SONY Music、teamLab、Sansan、サイバーエージェント、NTT東日本、三菱UFJイノベーション・パートナーズ 

    次に、日本国内の成功事例を見ていきましょう。SONY Music、teamLab、Sansan、サイバーエージェント、NTT東日本、三菱UFJイノベーション・パートナーズなどの企業は、Asanaを導入することで業務の効率化や組織のムダの排除、コミュニケーションの強化を実現しました。 

    SONY Musicは、音楽業界のリーディングカンパニーです。彼らはAsanaを活用し、アーティストのプロモーション活動や新曲のリリーススケジュールを一元管理し、業務の効率化を実現しました。 

    teamLabは、デジタルアートを創造するアート集団です。彼らはAsanaを導入し、複数のプロジェクトを同時に進行させるためのタスク管理を強化し、生産性の向上を達成しました。 

    Sansanは、名刺管理サービスを提供する企業です。彼らはAsanaを活用し、開発チームと営業チームのコミュニケーションを強化し、新サービスの開発をスムーズに進めることができました。 

    サイバーエージェント、NTT東日本、三菱UFJイノベーション・パートナーズもまた、Asanaを導入し、業務の効率化や組織のムダの排除、コミュニケーションの強化を実現しました。 

    これらの事例から、Asanaの活用は、企業のDX化を推進し、業務の効率化や生産性の向上に大いに貢献することがわかります。 

    6. DX化を支援するツールとサービス 

    デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業がビジネスを進化させ、競争力を維持するための重要な戦略です。その実現には、様々なツールやサービスが存在します。本章では、その中でも特に注目すべき4つのツールとサービスについて詳しく解説します。 

     6.1 Asanaの活用 

    Asanaは、プロジェクト管理ツールとして広く知られています。しかし、その機能は単なるタスク管理だけにとどまりません。Asanaは、DXを推進する上での強力なツールとなります。その理由は、Asanaが提供する機能がDXの3つの主要な要素、すなわち効率化、可視化、コミュニケーションの強化を同時に実現するからです。 

    Asanaを導入することで、まずタスクの効率的な管理が可能となります。従来の手書きのToDoリストやExcelでの管理に比べ、Asanaではタスクの状況をリアルタイムで把握することができます。また、タスクの優先順位を明確にし、必要なリソースを適切に割り当てることも可能です。 

    次に、プロジェクトの可視化もAsanaの大きな特長です。各メンバーが何に取り組んでいるのか、プロジェクト全体の進捗はどの程度なのかを一目で確認することができます。これにより、プロジェクトの進行状況を把握しやすくなり、必要な対策を迅速に講じることが可能となります。 

    最後に、チーム間のコミュニケーションの強化もAsanaの導入により実現します。Asanaでは、タスクやプロジェクトに関連するコミュニケーションを一元化することができます。これにより、情報の散逸を防ぎ、スムーズなコミュニケーションを実現します。 

     6.2 経費精算ツールの活用 

    経費精算は、多くの企業で頭を悩ませる業務の一つです。しかし、経費精算ツールの活用により、その手間やコストを大幅に削減することが可能となります。 

    経費精算ツールは、レシートのスキャンからデータの自動入力、経費の承認、会計システムへのデータ連携までを一元化します。これにより、経費精算に関わる手間を大幅に削減することができます。また、経費精算のルールを明確に設定し、適用することで、不正な経費申請を防ぐことも可能となります。 

     6.3 デジタルサービス「PlariTown」の活用 

    SMBCグループの「PlariTown」は、DX推進や業務効率化に役立つデジタルサービスを提供しています。PlariTownは、企業の業務プロセスをデジタル化することで、業務の効率化や生産性の向上を実現します。 

    具体的には、PlariTownでは、業務フローの自動化、データの一元管理、業務の可視化などの機能を提供しています。これにより、業務の無駄を削減し、業務のスピードを向上させることが可能となります。 

     6.4 ノーコードAIツール「UMWELT」の活用 

    UMWELTは、AIを活用した業務自動化を実現するノーコードツールです。UMWELTを導入することで、AIの専門知識がなくても、AIを活用した業務自動化を実現することが可能となります。 

    UMWELTの導入事例として、LPガス業界での最適な容器配送計画の自動化が紹介されています。この事例では、UMWELTを活用することで、配送ルートの最適化や配送スケジュールの自動生成を実現し、業務の効率化を達成しています。 

    以上、本章ではDX化を支援するツールとサービスについて解説しました。これらのツールやサービスを活用することで、企業はDXを進め、ビジネスの競争力を高めることが可能となります。 

    まとめ 

    DX(デジタルトランスフォーメーション)は、企業がデジタル技術を活用してビジネスプロセスを変革し、競争力を高めるための重要な課題です。企業はDXを進め、ビジネスの競争力を高めることができます。