One人事

尊敬とは? 意味や類語、言い換え表現を紹介!

尊敬とは、相手を敬う意味を持つ言葉です。尊敬にはさまざまな類語があり、細かい意味やニュアンスが異なるため正しく使い分けたいところです。また、ビジネスシーンでは周囲から尊敬されることで仕事がやりやすくなったり、メンバーによい影響を与えたりするため、尊敬される人になることも大切です。

そこで当記事では尊敬の意味や類語を解説しながら、尊敬される人の特徴などをご紹介します。

尊敬とは? 意味や類語、言い換え表現を紹介!
目次アイコン 目次

    尊敬とは?

    尊敬とは「相手を敬い、称賛する」という意味を持つ言葉です。その人の言動や行動が優れていると感じ、信頼したり敬う気持ちを抱いたりする場合に使うのが一般的でしょう。

    尊敬の意味

    尊敬は「相手を敬う」という意味は共通していますが、細かい意味にはさまざまなものがあります。尊敬の意味の例として該当するものをご紹介します。

    • 相手に対して憧れを抱くこと
    • 言動が優れていると感じ、感心すること
    • 日頃の言動に頭が下がるような思いを抱くこと
    • 相手の考え方や言動を価値が高いと感じ、ついていきたいと感じる感覚
    • 相手の言動を見習いたい、自分もこうなりたいと感じること
    • 敬意を払うこと

    尊敬と尊重の違い

    尊敬と尊重は類語であるものの、厳密には意味合いや対象に細かい違いがあります。

    尊敬は言動や行動を評価して「相手そのもの」を敬うことですが、尊重は「相手の意見や言動」を価値あるものとして大切に扱うことです。

    尊敬と畏敬の違い

    尊敬と畏敬は類語であり、意味合いは同じですが対象に違いがあるため、確認してみましょう。

    尊敬の念と畏敬の念という言葉に注目してみましょう。尊敬の念とは「相手の人格や言動が優れていると認め、敬う気持ち」です。畏敬の念は「崇高な人や偉大な存在をおそれ敬う気持ち」です。

    尊敬の対象は相手(人)であり、身近な人にも抱くのに対して、畏敬の対象は神仏や自然などの崇高な存在や神秘的存在、偉大な人などが挙げられます。

    ビジネスにおける尊敬の類語

    尊敬という言葉はビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉ですが、類語としてほかの言い換えができる言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

    リスペクト

    リスペクト(Respect)とは、英語で尊敬や敬意を意味する言葉です。

    尊敬の類語ではあるものの、誰かと比べてより優れているというよりは「ありのままの相手に敬意を払う」といったニュアンスでイメージしましょう。また、横文字を使うことで堅苦しさを和らげてくれる場合もあります。

    畏敬の念を抱く

    畏敬の念を抱くとは、相手を偉大に感じている場合や立派だと称えたい場合に使用できます。

    ただし畏敬の対象は、相手(人)というより神仏や大自然であることが多いです。あまりにも頻繁に使用すると、大袈裟やお世辞と受け取られてしまう場合もあるため注意しましょう。

    仰ぐ

    仰ぐとは、尊敬すべきものとして相手を見つめることです。「教えを仰ぐ」や「師と仰ぐ」と使うため、相手を敬い慕うイメージです。

    敬う

    敬うとは、尊敬すると同じ意味合いを持ち、相手を尊ぶ気持ちで使用する言葉です。相手をより高位なものとして崇めたり、礼を尽くしたりするニュアンスです。

    敬愛する

    敬愛するとは、相手を敬って大切にすることを意味する言葉です。

    単に敬うだけでなく「親しみ」を抱き、大切にするというニュアンスがあります。身近にいる恩師や先輩などに使うイメージを持つとよいかもしれません。

    敬意

    敬意とは、よりあらたまって使われる言葉です。相手への尊敬を示し、本人や周りの人に伝えたり表現したりするような場合に使われます。

    賛美

    賛美とは、より高い称賛の意味をあらわす言葉です。

    相手を敬い、大勢の前で相手を褒め称えたい場合に使われやすいでしょう。また、対象は人だけでなく精神や自然、芸術などを称える場合にも使われます。

    頭が下がる

    頭が下がるとは、相手に感服したり、敬意をあらわしたりする意味合いが強い言葉です。主に、自分にはできないことを相手が成し遂げた際の褒め言葉として使います。

    尊敬の例文や使い方

    尊敬という言葉の使い方について、正しい使い方を例文でご紹介します。

    尊敬の念を覚える

    尊敬の念を覚えるという使い方では、尊敬する気持ちを身体や心で感じるという意味合いを表現します。ただし「尊敬の念すら覚える」とすると、皮肉な表現になるため注意しましょう。

    • 彼の優しい気配りや誠実な対応に、尊敬の念を覚えた

    尊敬の念を抱く

    尊敬の念を抱くという使い方では、相手へ尊敬する気持ちを持つという意味合いを表現します。

    • MVPを受賞した彼に対し、若手社員は尊敬の念を抱いただろう

    尊敬の念に堪えない

    尊敬の念に堪えないは、抑えられない感動を覚え、尊敬せずにはいられないというように、相手を強く敬う意味合いを表現します。

    似たような意味合いとして「尊敬の念を禁じ得ません」という使い方も、相手を敬う気持ちが強く、よりていねいでかしこまった表現として使われます。

    • 彼の惜しみない努力と成果を出し続けようとする姿勢には、尊敬の念に堪えません

    尊敬される人に共通する特徴

    尊敬とは? 意味や類語、言い換え表現を紹介!

    ビジネスにおいて、周囲から尊敬されることは仕事を進めるうえでもよい方向に働きます。具体的に尊敬される人の特徴や共通点を確認してみましょう。

    どのようなときも冷静でいられる

    尊敬される人の特徴として、いつも冷静でいられる点が挙げられます。感情をうまくコントロールし、周囲に不安感を抱かせないように対応や判断ができるでしょう。

    たとえばトラブルが発生したり、部下がミスをしたりした際も、慌てることや機嫌が悪くなることがなく落ち着いて対処できます。そのため、部下だけでなく周囲からも信頼を得て尊敬されやすくなるでしょう。

    臨機応変な対応ができる

    尊敬される人の特徴として、臨機応変な対応ができる点が挙げられます。状況が変化した場合や、想定外のことが起きた場合にも、すぐに対応策を判断できるタイプです。高いスキルや知識、経験を活かして慌てずに判断できるため、部下やチームメンバーも安心して仕事に取り組めるでしょう。

    上品な言葉遣いができる

    尊敬される人の特徴として、言葉遣いがていねいで上品な点も挙げられます。指導や注意を行う際も、感情的にならずに相手への配慮ができるタイプです。汚い言葉で相手を罵ったり、怒鳴ったりしていては周囲に不快感や不安感を与え、尊敬されにくいでしょう。

    ポジティブな姿勢や考え方を持っている

    尊敬される人の特徴として、常に前向きな思考である点も挙げられます。苦労をともなうことや大きな目標に対しても、できる方法を考えたり、プラス思考で捉えたりできるでしょう。

    たとえば部下が進捗や成果に悩んでいる際に、否定的な声かけをするのではなく、部下のよい点に目を向けて声をかけたり、どうしたらよいかを一緒に考えたりしてサポートできる上司は、より尊敬されやすいでしょう。

    責任感が強い

    尊敬される人の特徴として、責任感が強いという点も挙げられます。目標達成やリーダーとしての責任を持ち、行動できるタイプです。

    たとえば大きな目標が課された場合、部下やメンバーに業務を丸投げするのではなく、自分自身が責任を持って、フォローやサポートに回ります。また、失敗やトラブルが生じた際にも、最終的には自分が責任を負うという姿勢を持っていることが多いでしょう。

    尊敬される人になるために必要なこと

    尊敬される人になるためには、まずは自身の言動を振り返り、尊敬されやすい人の特徴や言動を取り入れる必要があります。尊敬される人になるために、とくに必要とされる点をご紹介します。

    他者を認める

    尊敬される人になるためには、他者を認めることが大切です。自分だけを信じて自己中心的な言動を取ってしまっては、周囲から嫌煙されやすくなってしまうでしょう。自分とは違う価値観を持つ他者を認め、他者の悪口を言わないよう気をつけましょう。

    言動に一貫性を持つ

    尊敬される人になるためには、一貫性のある言動を取ることが大切です。言葉に行動がともなっていなかったり、発言がコロコロ変わったりしていては、周囲からの信頼は得られにくいでしょう。

    もちろん意見を変更した方がよいこともありますが、基本的には自分の発言には責任を持ち、一貫した行動を取るようにしましょう。

    スキルアップを目指す

    尊敬される人になるためには、スキルの高さや知識の多さも重要です。高いスキルや知識のもとで適切な指示や判断ができれば、部下やメンバーからの信頼を得やすくなります。自分もこうなりたいという憧れの念も抱かれやすくなるでしょう。

    スキルアップのための努力を惜しまない姿勢を見せることで、周囲を触発し、成長を促すことにもつながるでしょう。

    謙虚な姿勢を忘れない

    尊敬される人になるためには、謙虚な姿勢も忘れてはいけません。会社で役職が上がるにつれて、自信が付くと同時に謙虚さを失ってしまう人も少なくありません。上司の前だけでなく、誰に対しても同じ姿勢でいることで、信用してもらいやすくなるでしょう。

    まとめ

    尊敬とは「相手を敬う」ことで、類語も多くあります。しかし、厳密にはニュアンスが異なる場合があるため注意が必要です。尊敬を言い換える際は、類語の意味を理解し、正しく使いましょう。

    さらにビジネスや企業においては、部下やメンバーに尊敬されている人材に目を向けることや周囲から尊敬される人材を育成することも大切です。周囲から尊敬される人材が育つと相互作用により、前向きで責任感の強い人材が増え、組織が成長するきっかけになるでしょう。

    資料アイコン
    無料ダウンロード
    さらに詳しく知りたい方、導入をご検討中の方のためにPDF資料をご用意しております。
    まずは資料請求をする